このページの本文へ

ハイスペックなクリエイター向けPC「Raytrek」

サードウェーブ、ワンフェスに3Dモデリング用PCを出展

2015年07月23日 21時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Raytrek LC-E K4 Core i7-5960X 搭載モデル

 サードウェーブデジノスは、7月26日に幕張メッセにて開催されるガレージキットの祭典「ワンダーフェスティバル 2015[夏]」にワークステーションを出展する。

 一般社団法人3Dデータを活用する会・3D-GANのスペースで共同出展。Quadro搭載のハイエンドワークステーション「Raytrek LC-E K4 Core i7-5960X 搭載モデル」を展示する予定だ。また、デジタルスカルプトソフト「ZBrush」とワコム製の液晶ペンタブレット「Cintiq」によるデジタル原型メイキングのデモも実施する。デモ内容は、新世紀エヴァンゲリオン放映20周年に合わせたスペシャルコンテンツになっているとのこと。

ワンダーフェスティバル2015[夏]

  • 日時:7月26日 10:00~17:00
  • 会場:幕張メッセ国際展示場(1〜8ホール)
  • 入場料:2000円(入場チケット兼公式ガイドブック/小学生以下無料)
  • 主催:ワンダーフェスティバル実行委員会
  • 公式サイト:http://wf.kaiyodo.net/

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ