このページの本文へ

写真共有サービスなどへの利用拡大を狙う

マイクロソフト、児童ポルノなどの違法画像検出ツールを無償で提供

2015年07月21日 14時36分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
マイクロソフトの違法画像検出ツールが無償提供へ

 米マイクロソフトは現地時間7月17日、インターネット上にアップロードされた違法画像を発見するツール「PhotoDNA」のクラウド版を無償提供すると発表した。

 PhotoDNAは、画像のハッシュ値とデータベース化された膨大な違法画像を照応することで違法画像を発見する技術。多少の画像処理やサイズ変更などではハッシュ値が変わらないため、高精度な画像検出が可能となっている。

 同ツールはマイクロソフトが提供するサービスのほか、FacebookやGoogleのサービスでも利用されてきたが、今回の一般公開により、さらに小規模な写真共有サービスなどにおいても、児童ポルノなどの違法画像摘発を促進する見込みだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン