このページの本文へ

全国700以上の大学/研究機関からL2 VPN経由でアクセス可能に

「VMware vCloud Air」が学術ネットワーク「SINET4」と接続

2015年07月07日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヴイエムウェアは7月7日から、クラウドサービスの「VMware vCloud Air」において、学術情報ネットワーク「SINET4」との接続サービスを提供する。SINET4に加入している全国の大学/研究機関は、SINET4経由でvCloud Airへのアクセスが可能になる。

SINET4のネットワーク構成図(SINET4サイトより)。40Gbpsのバックボーンを備え、地震学、宇宙科学、高エネルギー物理学など幅広い分野の研究連携を支えている。また海外の学術ネットワークとも相互接続

 国立情報学研究所(NII)が構築/運用するSINET4は、全国700以上の大学や研究機関が加盟し、学術研究や教育活動のために共用されている学術情報ネットワーク。研究者や学生など、200万人以上のユーザーが利用している。今回、SINET4の「クラウドサービス提供機関」として、新たにvCloud Airが認証されたため、ヴイエムウェアでは接続サービスを開始する。

SINET4とクラウド事業者間をL2VPNで接続する(SINET4サイトより)

 またSINET4に加入している成城大学が、学内のプライベートクラウドとSINET4を利用したハイブリッドクラウド環境の構築のために、vCloud Airを利用することを決定したことも発表された。ヴイエムウェアでは、今後も同様のハイブリッドクラウドソリューションを日本国内の大学や研究機関向けに提供していくと述べている。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ