このページの本文へ

ソニーの「Android TV」はテレビ番組もネット動画も一括検索!

2015年07月03日 18時28分更新

文● ハシモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ
Android TV搭載BRAVIAのホーム画面

 ソニーは3日、「Android TV」を採用する液晶テレビ「BRAVIA」の詳細な機能説明を行なった。対応機種は4Kテレビの「X9400C」「X9300C」「X8500C」、2Kテレビの「W870C」となる(いずれも7月4日発売予定)。

リモコンに内蔵されているマイクに話すことで、音声検索が可能 リモコンに内蔵されているマイクに話すことで、音声検索が可能

 Android TVの大きな特徴となるのが「Voice Search」、つまり音声検索だ。有名人の名前や作品名を声で入力すれば、関連するタイトルや番組、動画などが横断的に検索され、表示されるが、それだけではない。「エベレストの高さは?」「インドの人口は?」「今日は傘いる?」といった入力でも、Googleの検索エンジンにより適切な情報を表示してくれる。このように、生活に密着して聞きたいことが聞けるのがポイントだという。

上方にソニーがおおすすめするアプリが表示される 入力切替を挟んでインストール済みアプリ、その下にゲームが表示される。アプリはYoutubeやウェブブラウザーなども用意される
上方にソニーがおおすすめするアプリが表示される入力切替を挟んでインストール済みアプリ、その下にゲームが表示される。アプリはYoutubeやウェブブラウザーなども用意される
乗り換え案内アプリ。音声で出発地と目的地を設定可能 動画を再生するアプリも多い。写真は「ホームフィットネス24」というアプリでヨガのレクチャー映像を表示
乗り換え案内アプリ。音声で出発地と目的地を設定可能動画を再生するアプリも多い。写真は「ホームフィットネス24」というアプリでヨガのレクチャー映像を表示
「スカパー! 野球セット」アプリは、野球放送を自動的に録画予約してくれるアプリ。録画したい球団や契約チャンネルなどを選択する 「スカパー! 野球セット」アプリは、野球放送を自動的に録画予約してくれるアプリ。録画したい球団や契約チャンネルなどを選択する
ニコニコ動画の視聴アプリも用意。生放送も表示可能だ よく入力される文字はショートカットですばやく入力可能
ニコニコ動画の視聴アプリも用意。生放送も表示可能だよく入力される文字はショートカットですばやく入力可能

 豊富なアプリの導入ができるのも特徴の1つ。「Youtube」や「ニコニコ動画」「hulu」などの動画系アプリや、「クックパッド」「スカパー! プロ野球セット」「HIS TV」といった生活情報系アプリ、「ホームフィットネス24」といった健康アプリなどを紹介していたが、中でも力を注いでいるのが知育系アプリ。

算数と野球ゲームを組み合わせたものや、動物の名称を表示するものなど、日本語の知育系アプリも豊富
ARを活用した知育アプリもある。現在は子供向けのものが多いが、今後大人向けの学習アプリなども出てきそうだ ARを活用した知育アプリもある。現在は子供向けのものが多いが、今後大人向けの学習アプリなども出てきそうだ

 日本向けのAndroid TV用知育アプリはほとんどない状態のため、同社がAndroid向け知育アプリをリリースしているベンダーに声をかけ、Android TV向けに提供してもらっているとのことだ。

ゲームではUSBコントローラーが利用可能。(動作保証はしないが)基本的にPC向けのもので利用可能 リモコンで遊べるゲームもあるが、やはりコントローラー必須のものが多いらしい
ゲームではUSBコントローラーが利用可能。(動作保証はしないが)基本的にPC向けのもので利用可能リモコンで遊べるゲームもあるが、やはりコントローラー必須のものが多いらしい
カテゴリ別にゲームアプリを選択し、導入できる カテゴリ別にゲームアプリを選択し、導入できる

 また、ゲームアプリの導入も可能。というか、アプリの数で言えばゲームが一番多いそうで、USBコントローラーやキーボード、マウスなどのUSBデバイスの接続にも対応する。

 なお、アプリはGoogleストア以外に「Sony Select」という専用ストアからも導入可能。Sony Selectでは、同社がおススメするアプリを導入できるほか、Googleストアで扱われないウェブベースのBRAVIA独自機能を利用することが可能だ。

「番組チェック」は、画面下に現在放送中の番組やウェブの動画などを表示する機能。検索キーワードを設定することで、キーワードに合致する番組なども即座に表示する 番組チェックは上下ボタンでカテゴリー(地デジ/BS/CSなど)を切り替えられるが、表示するカテゴリーを選択できる
「番組チェック」は、画面下に現在放送中の番組やウェブの動画などを表示する機能。検索キーワードを設定することで、キーワードに合致する番組なども即座に表示する番組チェックは上下ボタンでカテゴリー(地デジ/BS/CSなど)を切り替えられるが、表示するカテゴリーを選択できる

 BRAVIA独自の機能として実装されているのが「番組チェック」。リモコンの番組チェックボタンを押すと、画面下方に横一列でサムネイルが表示される。

 ここには、地デジやBS、CSで現在放送中の番組やネットコンテンツ、あらかじめ登録した検索キーワードに関連する番組やコンテンツなどが表示される仕組み。一列表示なので、リモコン(パッド)の上下で項目を切り替える。これにより、テレビとネットのコンテンツの切り替えがしやすくなる。

 このほか、Google Castに対応。Chrome Castと同等の機能をテレビで利用可能だという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン