このページの本文へ

コンサルから構築、運用保守まで、日本企業のグローバル業務統合を支援

IBMが「SAP S/4HANA」対応テンプレートソリューション発売

2015年07月03日 09時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本IBMは7月2日、ERP製品「SAP Business Suite 4 SAP HANA(S/4HANA)」に対応した豊富なテンプレートを活用し、国別/業界別要件に対応したコンサルティングからシステム構築、運用保守までの支援を行うSAPテンプレートソリューション群「IBM Global Express」の販売を開始した。日本企業が海外展開を進めるうえで求められる、グローバル業務統合ニーズに応える。

 IBM Global Expressは、日本企業のグローバル業務統合システム構築を支援するために、組織構造、法定帳票、税法対応、商習慣など、アジアおよび欧米を中心とした20カ国に対応した国別要件を組み込み、円滑な海外展開をサポートする。また、自動車、加工組立系製造、化学、製薬など、業種に特化したソリューションも用意した。

 海外での需要が高いモバイル対応についても、各業務で必要な業務を組み込んだSAP Fiori UI準拠のテンプレートを提供しており、迅速に対応できる。またオンプレミスでのサーバー環境構築だけでなく、「IBM SoftLayer」クラウドやHANA専用統合環境「SAP HANA on IBM Power Systems」にも対応し、豊富な導入実績に基づいた、短期間で安定した導入を実現するとしている。

 テンプレートライセンスの価格は400万円から。システム構築料は別途必要。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ