このページの本文へ

椅子やソファにもたれながらPCを快適操作

テレビに接続したステックPCに最適なタッチパッド搭載キーボード「K400 Plus」

2015年06月18日 21時55分更新

文● 花茂未来

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ロジクール ワイヤレス タッチキーボード K400 Plus」

 ロジクールは6月18日、タッチパッド搭載のワイヤレスキーボード「ロジクール ワイヤレス タッチキーボード K400 Plus」の発売を発表した。

 特徴は本体右側に搭載したマルチタッチ対応タッチパッドで、テレビに接続したパソコンの操作に最適とうたっている。レシーバーはUSB接続の小型タイプで2.4GHz帯を利用し、最大10m離れてもキー操作が可能だ。

タッチパッドはマルチタッチ対応。「Logicool Options ソフトウェア」を使用して、キーとタッチパッドの設定変更もできる

 また、Windows 7以降やAndroid 5.0以降、およびChrome OSでも使用できるマルチOS設計で、Windows 8のエッジ操作に加え、Android OSやChrome OS操作時のショートカットにも対応している。

 本体サイズは幅354.3×奥行き23×高さ139.9mmで、重量は380g。駆動は単三乾電池2本で、電池寿命は最大18ヶ月。キー構造はメンブレンで、2年間の製品保証が付いている。

 発売日は6月25日。ロジクールオンラインストアでは、6080円にて予約を受け付けている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン