このページの本文へ

オリオスペックがNAS用HDDの比較試聴会を開催

2015年06月05日 18時41分更新

文● 藤田忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オリオスペックが、NASに搭載したHDDでネットワークオーディオの音質が変わるのか聴き比べるイベントを6月6日の14時から開催予定だ。

NASに「WD Red」などのHDDを搭載。その音質を聴き比べる

 NAS用HDDとして人気となっているWestern Digital「WD Red」をはじめ、Seagate「NAS」、「Enterprise Capacity3.5」、HGST「Deskstar NAS」、「Ultrastar He8」といった3メーカー、5モデルのHDDに加え、SSDや「WD Red」搭載NASのACアダプターをFIDELIX「PCオーディオ用ACアダプター」(税別4万6000円)に変更したネットワークオーディオ環境を用意。同じ音源、条件で比較試聴してみるというイベントだ。

ヘリウムガスを充填したHGST「Ultrastar He8」シリーズの容量8TBモデル「HUH728080ALE600」やPCオーディオ向けのACアダプターFIDELIX「PCオーディオ用ACアダプター」など、試聴できる機械の少ない環境も
NASにはファームウェアを同じにしたQNAP製1ドライブ用NASユニット「TS-119」(販売終了モデル)を使用。同店ストレージ担当のM氏いわく、「日本でオリオスペックが最も販売したモデル」とのこと

 開催は6月6日の14時~15時30分で、オリオスペックのイベントスペースで行なわれる。NASを使ったネットワークオーディオ環境構築時に悩むHDD選びが、これで解決するかも。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中