このページの本文へ

盗撮、いやがらせ、テロなどのリスクを早期に発見

ALSOK、ドローン対策サービス開始。侵入を検知して通報

2015年05月15日 16時11分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ALSOKは、無人小型飛行ロボット ドローンの悪用による被害を低減する「ALSOK ゾーンセキュリティマネジメント」を発表。

 ALSOKは5月14日、無人飛行ロボット ドローンの悪用による被害を低減する「ALSOK ゾーンセキュリティマネジメント」を発表した。ドローンによる盗撮、いやがらせ、テロなどのリスクを早期に発見し、対応するというもの。

 ALSOK ゾーンセキュリティマネジメントは、警備員とICTを組み合わせた警備を展開する。音響センサー、画像センサーなど警戒対象に応じたセンサーを組み合わせ、プロペラ音などで警戒領域へのドローンの侵入を早期に検知・識別子、発生リスクを分析、関係者、関係機関に通報する。同時に、IT機器を装備した「ALSOKハイパーセキュリティガード」が対応する。

 飛行するドローンを安全に無力化することは困難であり、決定打といえる対策は現状ないため、ALSOKは悪意あるドローンを早期発見し、リスク判定をおこない、リスクに応じた対応をして被害拡大を防止することが現実的な対策だとしている。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン