このページの本文へ

TOKYO AUDIO STYLE 最終回

「いい音」を探る楽曲制作プロジェクト

東京女子流はハイレゾ好き? 「加速度」音源を聴き比べ!

2015年05月28日 11時00分更新

文● 構成●荒井敏郎
写真●Yusuke Hommma(カラリスト:芳田賢明)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

改めて企画趣旨をおさらい! 東京女子流は次の曲もハイレゾ?

 楽曲制作チームに東京女子流メンバーが加わって初の座談会。今回の企画の趣旨からおさらいし、「加速度」をハイレゾ音源で配信するにいたるまでの過程を説明。「加速度」という楽曲についての感想なども、東京女子流メンバーから聞いた。

小島 高級なオーディオを持っている人はクラシックとかジャズを聴く人が多いんですけど、ユーザーの中には若い人もいて、もちろん普通にJ-Popとかを聴くんですよ。ただ、最近のCDは昔と違って、こういうオーディオで聴いてもあんまりいい音で鳴らないことが多いんですね。

 いわゆる売りやすい音作りを追求しすぎて、本格的に音楽を聴けるクオリティーじゃなくなる。結果としてCDに愛着が持てなくなる。それって不幸なことだから、「いい音のCDを作りませんか」っていうのがスタートだったんです。

 そしてなぜ東京女子流さんを選んだのかといえば、音作りに凝っているからなんです。そんな制作チームと一緒にできればいいものができるだろう、ということではじまったんです。スタートしてみて、できることできないことの壁なんかにも当たりながら、やっと3月に制作した楽曲がリリースされました。

 そこでは、いままでにない新しい「ハイレゾ」っていうフォーマットにも挑戦したわけです。すると、「アイドルが音にこだわって作ってるなんて面白い」とか「やっぱり音が違う」っていう意見がTwitterなどで拡散されたんですよ。

全員 そうだったんですね!

小島 みなさんはいつもと変わらぬレコーディングだったと思うんですけど、歌録りは実はいつもよりも高品質な録音になっていたんですよ。

新井 へぇ。わからなかった。

山邊 じゃあ、次の曲もハイレゾ版でやるんですかね?

与田 まだわからないけど、アナログ盤なんかも出しているし、東京女子流はそういうの積極的にやったほうがいいよね。

小西彩乃さん

山邊未夢さん

(次ページでは、「レコードに興味を示す東京女子流」)

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画