このページの本文へ

通販の荷物が届いたときにあわててハンコを探さなくてもOK

佐川急便、宅配便業界初のスマホ利用の「電子サイン」で荷物受領を開始

2015年05月08日 18時07分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スマホ利用の「電子サイン」

 佐川急便は5月8日、スマホを利用した「電子サイン」を4月から一部エリアで開始したと発表した。

 宅配便の受け取りには現在、伝票への押印やサインを必要としていたが、今後はスマホ画面に専用のタッチペンでサインすれば受領が可能になる。

 これまで受領印データの提供については配達日翌日以降の対応となっていたが、電子サインの利用により最短5分で確認が可能になる。また、複数個の荷物に関しても一括サインで済む。

 佐川急便では、2017年度までに全国の配達員5万人にスマホを導入・展開するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン