このページの本文へ

「Ponanza」との対局コーナーでは9名が賞品を獲得

GALLERIAがささえたニコ超 囲碁・将棋ブース

2015年04月27日 20時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月25日と26日に開催された「 ニコニコ超会議2015」の超囲碁・将棋ブースに、サードウェーブデジノスが協賛していた。

 同社はこれまで、「第3回将棋電王戦」および「将棋電王戦FINAL」とコンピューター将棋をバックアップしてきた経歴があり、今回は「コンピューター将棋の可能性をユーザーに知ってもらうことを目的に」超囲碁・将棋ブースへの協賛を決定、ゲーミングPC GALLERIAで機材協力したという。

 同ブースでは、Windowsタブレットを利用した初代電王「Ponanza」との対局コーナーが用意されていた。挑戦者は500名以上。内9名が勝利し、賞品のタブレットを獲得したとのことだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ