このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

クラウドに悩んだら「Azure相談センター」に来てね 第2回

初心者も活用したい人も満足できるMicrosoft Azureの情報サイト

クラウド導入の駆け込み寺「Azure相談センター」の歩き方

2015年05月07日 07時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Microsoft Azureユーザーの生の声を満載したユーザー事例

 Azure相談センターには、実際にMicrosoft Azureを導入しているユーザーの事例も掲載されている。ジェナ、ソリマチなど、サービス事業者の事例記事が掲出されており、Microsoft Azureユーザーの生の声を聞くことができる。

 ジェナはスマートフォンやタブレットなどスマートデバイス向けアプリを簡単な操作で作成できるサービス「seap」のプラットフォームとして、Microsoft Azureを活用している。同社はスマートデバイスと親和性の高い、運用と開発をクラウド上で行なえるPaaSとして利用価値が高いといった理由でMicrosoft Azureを導入。累積5万台の導入デバイスを支える法人向けサービスとして、必須の安定稼働やセキュリティ、サポートなどの面でも高い満足度を得ている。

 農作業の内容を記録・管理する「facefarm(フェースファーム)」のサービスを提供するソリマチは、スマートフォンやタブレットとの親和性の高さとともに、低廉な初期コストがMicrosoft Azure導入の大きな決め手となった。Microsoft Azureをベースにサービスを構築したことにより、Windowsでの開発ノウハウをそのままクラウドでも活かせたほか、農家が使いやすい安価なサービス料金を実現できたという。

 最近では、ソリマチのサービスと連携してデータをバックアップできる「安心データバンク」でも、Microsoft Azureを活用しており、ソフトバンクC&Sで提供するAzureレポートシステムとともに、クラウドサービスの屋台骨としてフル活用している。

導入後も役立つ情報が満載のブログ

 Microsoft Azureの導入に役立つという意味では、「ブログ」にもぜひ目を通してもらいたい。

Microsoft Azure関係のニュースがまとめて読めるブログ

 こうした情報サイトのブログというと、サイトの“中の人”がサービスの舞台裏を語るといったイメージがあるが、Azure相談センターのブログはエンドユーザーへの提案や導入構築に役立つ実利的な情報が満載だ。具体的には、Microsoft Azureに関わる各メディアの記事を紹介記事付きでまとめた「トレンド&ニュース」を定期的に掲出しているほか、Windows Server 2003から移行やセキュリティ面でのMicrosoft Azureのメリットに関する記事、Microsoft Azureのコミュニティイベントである「Go Azure 2015」のレポートなどが掲出されている。

 サービス概要、ロードマップ、サポート、ライセンス、技術者向けドキュメントなどMicrosoft Azureに関する情報を網羅したリンク集「困ったときの、Azureお役立ち情報まとめ」も掲出。数あるMicrosoft Azureの情報を必要な部分だけチェックできるので、導入前だけではなく、導入後も役立つはずだ。

Microsoft Azureの導入相談ならソフトバンクC&S

 このようにAzure相談センターでは、クラウドの基礎知識や活用方法、事例などさまざまなコンテンツでMicrosoft Azureのメリットを理解できる。そして、サイト提供元のソフトバンクC&Sでは、前回紹介した通り、製品導入から活用までを包括的にサポートする。Azure相談センターの「ソフトバンクC&Sの強み」のページでは、同社が提供する各種サービスが紹介されている。

OpenライセンスやEAなどのライセンスプログラムのほか、Microsoft Azure導入に対してさまざまなサポートを提供する

 マイクロソフト製品専任のコンサルタントが最適なライセンス購入方法を無償で提案するほか、ボリュームディスカウントを適用できる購入方法や、自社保有のソフトウェアライセンスのMicrosoft Azureへの導入、Microsoft Azureで提供されていないマイクロソフト製品を使う際の注意点など、導入・運用に関するさまざまな質問に対応するという。

 また、ライセンスの相談のみならず、Microsoft Azureの検証支援や導入を支援するパートナーやMicrosoft Azureをさらに便利するアドオンソリューションの紹介なども手がけている。アドオンソリューションとしては、Windows Serverでのアプリケーション移行やOffice 365や社内Active Directoryとの統合認証、幅広い攻撃を防御するセキュリティ、オンプレミスシステムと連携するストレージサービスやバックアップサービスなどが挙げられる。ソフトバンクC&S自体も、利用金額を知らせる「Azureレポートシステム」や、実績の高い監視ツール「Zabbix」によってシステム障害を通知する「クラウドモニタリングサービス for Azure」(ともにEnterprise Agreementでの提供)などを提供している。

 次回はASCII.jp編集部のオオタニがクラウディア・窓辺さんのラジオに登場。Microsoft Azureの価格やセキュリティに関する質問をぶつけてみる。

(提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ