このページの本文へ

組み立て式の知育玩具がさらにパワーアップ

LittleBitsにArduinoモジュールが登場

2014年05月16日 16時33分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

The Arduino at Heart module

 モジュールを組み合わせることで電気回路を作る知育玩具「LittleBits(リトルビッツ)」に、プログラムできるワンボードマイコン「Arduino」モジュールが登場した。

USB micro-B端子(左端)を持ち、パソコン上でプログラムを作成・転送して楽しめる

 LittleBitsは磁石でくっ付ける電子基板で、スイッチやLED、スピーカーやモーターなどのモジュールを組み合わせ、スイッチを押せばLEDや光ったりスピーカーから音が出たりする電気・電子回路を作ることができる知育・学習キット。オープンソースのプロジェクトとして展開しており、さまざまなメーカーが製造したモジュールはLittleBits.ccなどから販売されている。日本国内では昨年よりKORGが取り扱っており、オープンソースを活かしてオリジナルのシンセサイザーを作るキットを開発・販売している。

いままでLittleBitsを持っていない人でも楽しめるスターターキットも用意される

 新たに加わったモジュールは「The Arduino at Heart module」。ArduinoはUSB接続で簡単にプログラムを転送してさまざまな機器を作ることができるオープンソースな学習用マイコンボードで、他のLittleBitsモジュールと接続できるマグネットコネクタを持つ。入力☓3、出力☓3と、さまざまなバリエーションがあるArduinoシリーズの中でも少ない入出力端子数だが、センサからの入力でなにかを動かすといった用途には十分だろう。

スライド式可変抵抗器を接続してPONGを遊べる作例とスケッチ(Arduinoのプログラム)が公開されている。画面表示はUSB接続したパソコン上でProcessingというオープンソースなソフトを使う

 Arduinoモジュールの単体は36ドル。限定モデルとして「ARDUINO STARTER BUNDLE」が用意され、LEDモジュールやスイッチモジュール、サーボモーターなどが付属するでスターターキットが89ドルで販売される。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン