このページの本文へ

今期も500億円の赤字

ソニーが2014年3月期決算を発表、1283億円の赤字

2014年05月14日 21時20分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

吉田憲一郎 CFO(中央)、神戸司郎 業務執行役員(左)、十時祐樹 業務執行役員(右)

 ソニーは5月14日、2014年3月期の連結業績決算を発表した。売上高および営業収入は前年同期比14.3%増の7兆7673億円だが、営業利益が265億円(前年同期比88.3%)、税引前利益が257億円(前年同期比89.4%)と後退、株主に帰属する当期純利益は1283億円の赤字となった。原因として、為替変動の影響などを挙げた。

 15年3月期の業績予想は、PC事業売却の損失などから、最終損益は500億円の赤字を見込んでいる。営業利益は428.4%増の1400億円、売上高および営業収入は0.4%増の7兆8000億円と予想している。

 今期はエレクトロニクス事業の黒字化を目指し、7月に液晶テレビ事業を分社化すると発表。今期の黒字化を見込んでいる。

 平井一夫社長兼CEOが目標とした黒字化を達成できなかったことについて、吉田憲一郎CFOは、「コスト構造の改革などの取り組みが遅れたため」と説明した。PC事業の撤退費用や、世界の販売会社・本社の構造改革費用として今期は1350億円を見込んでおり、「2014年中に構造改革をやりきる」という。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン