このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」第34回

写真を手軽に生まれ変わらせる「TouchRetouch Free」を徹底解説

2014年02月13日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneで撮影していて、余計なモノが映り込んでしまうことはよくある。「印刷するわけでもないし」と諦めがちだが、後で見たときにはやっぱり気になる。そんな時に活躍するのがフォトレタッチアプリ。iPhoneで画像編集して、余計なモノを消してしまえるのだ。今回は、手軽な操作で写真をレタッチできる「TouchRetouch Free」の使い方を紹介しよう。

写真から邪魔な人物を消すのもカンタン!

消したい部分を選択するだけで消去できる

 写真に写っている物体を消去するには高度なテクニックが必要と思っていることだろう。しかし「TouchRetouch Free」なら、単に消したい部分を選択するだけで消去してくれるのだ。周辺の映像を分析し、自然な感じでレタッチするので、魔法のように消えてしまう。もちろん、うまく認識できないこともあるが、成功率は高い。

 美しい景色を撮ったが、どうしてもロープウェイのケーブルや電線が入ってしまう時や、スナップ写真だが関係ない人が写っている時など、さっとベストショットに仕立て上げられるのだ。

TouchRetouch Free App
価格無料 作者Adva-Soft
バージョン3.2.1 ファイル容量12.0 MB
カテゴリー写真/ビデオ 評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.3以降
アプリの起動画面。アルバムから取り込むか、直接撮影するか選べる。ビデオでは簡単なチュートリアルが再生されるアルバムから写真を選択すると、取り込むサイズを指定する。処理時間はかかるが、可能な限り大きいサイズで取り込むことをオススメする
写真にケーブルが写っているので消してみよう。まずは、下のツールメニューから筆アイコンをタップする。画像はピンチ操作で拡大縮小できるほか、ダブルタップで画面ぴったり表示と100%表示を切り替えられる筆のサイズを選択する。手のひらアイコンの移動ツール以外を選択している場合は、二本指でのスライド操作で画像を動かせる
ケーブルを選択する。拡大画面がポップアップするので、細かい部分もきちんと選択。はみ出る分には問題ない消しゴムアイコンを選択
選択操作と同様に、はみ出た部分を消しゴムで消していく。だいたいキレイに選択できたら「START」アイコンをタップ数秒で処理が完了。綺麗さっぱりケーブルが消えている

 選択ツールとしては、筆のほかに投げ縄ツールも用意されている。囲んだ範囲をまとめて選択できるのがメリット。とはいえ、途中で指を離すと中途半端に選択されてしまうので、筆だけを使っても問題なし。

投げ縄ツールを使って、広範囲を選択できる
写真の4分の1を占める範囲でもキレイに消せる

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン