このページの本文へ

6.4型「Xperia Z Ultra」のWi-Fi版—直販価格5万1800円から

2014年01月22日 10時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは、6.4型タブレット「Xperia Z Ultra」のWi-Fi版(SGP412JP)を発表した。価格はオープンプライス。ソニーストアによる直販価格は5万1800円から。発売は1月24日予定。本体色はブラック/ホワイト/パープル(ソニーストア限定)。

「Xperia Z Ultra」Wi-Fi版(SGP412JP)のパープル(ソニーストア限定)

ブラック

ホワイト

 Xperia Z Ultra(SGP412JP)は、2013年6月に海外で発表されて登場済みとなっている製品のWi-Fi版。ハードウェア仕様はほぼそのままで、6.4型フルHDの液晶ディスプレー(画素密度342ppi)、約6.5mmという薄さが特徴だ。

 CPUはQualcomm Snapdragon 800(APQ8074) 2.2GHz クアッドコアで、メモリーが2GB、ストレージが約32GB。約220万画素(前面)、810万画素(背面)のカメラ機能に裏面照射型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」を採用するほか、防水IPX5/8、防塵IP5Xも備えている。

 無線LAN機能は、IEEE 802.11a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)に対応。サイズ/重量は約幅92×奥行き179×高さ6.5mm/約212g。バッテリー容量は3000mAhだ。

 ソニー製BDレコーダー「BDZ-ET1000」やソニー・コンピュータエンタテインメント製「nasne」に録画した番組を転送できる「おでかけ転送」機能ではフルHDがサポートされた。

主なスペック
製品名 Xperia Z Ultra(Wi-Fiモデル)
型番 SGP412JP
価格 オープンプライス(ソニーストア価格5万1800円/2014年1月22日現在)
CPU Qualcomm Snapdragon 800 APQ8074 2.2GHz クアッドコア
チップセット APQ 8074
メインメモリー 2GB
ストレージ 約32GB
ディスプレー(最大解像度) 6.4型ワイド(1920×1080ドット、342ppi)、マルチタッチ対応(最大10点)、トリルミナス ディスプレイ for mobile、X-Reality for mobile
通信機能 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac、2.4GHzおよ5GHz)、MHL/DTCP-IP対応、Wi-Fi Direct、Miracast
カメラ機能 本体前面:有効画素数220万画素(CMOS Exmor R for mobile)、本体背面:有効画素数810万画素(CMOS Exmor R for mobile)
インターフェース microUSB端子、Bluetooth 4.0+HS、ヘッドホン端子
カードスロット microSD/microSDHC/microSDXC(64GB対応)
NFC 対応
FeliCa
センサー 加速度、ジャイロ、デジタルコンパス、照度、GPS、GLONASS
防水/防塵 防水IPX5/8、防塵IP5X
テレビ機能
サイズ 約幅92×奥行き179×高さ6.5mm
重量 約212g
バッテリー 3000mAh
OS Android 4.2
本体色 ブラック/ホワイト/パープル(ソニーストア限定)
アプリ類 POBox Touch 6.2など
付属品 ACアダプター
ソニーストア

ソニーストア

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン