このページの本文へ

サブウーファー2基内蔵

マクセル、テレビを載せるスピーカー「サウンドボード」発売、60型まで対応

2013年08月20日 20時44分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「SoundBoard(サウンドボード)」(MXSP-SB3000)、テレビを載せることで省スペースな視聴環境を実現

 日立マクセルが8月20日、サラウンドスピーカー「SoundBoard(サウンドボード)」(MXSP-SB3000)を発表した。

 サウンドボードはテレビを載せて使用するスピーカー。2012年6月に46型テレビまで対応の前機種「MXSP-SB2000」を発売したが、大画面テレビへの需要に対応するため新たにテレビ脚サイズが幅640×奥行380mm以下で質量が60kg以下の60型薄型テレビまで設置できる本機が発売となった。

 ARC対応のテレビであれば付属のHDMIケーブル1本でつなぐことができる。低音再生に欠かせないサブウーファーを本体底面に内蔵し、サブウーファー用の配線や置き場所は不要。Bluetooth 4.0対応により、パソコンやスマートフォンの接続もできる。圧縮コーデックはaptXにも対応しており、高音質な再生が可能だ。またスピーカー本体にUSB電源出力端子付いており、USBケーブルでスマートフォンの充電もできる。

 実用最大出力は130W(フロント30W×2+サブウーファー70W) 、スピーカーユニットは直径40mm×4(フロント)+70mm×2(サブウーファー)、再生周波数特性は40Hz~20kHzとなっている。デジタルの入出力端子はHDMI入力×3、HDMI出力(ARC×1、光デジタル音声入力×1、同軸デジタル音声入力×1 、アナログの入力端子はステレオRCAピンジャック、3.5mmステレオミニジャックを持つ。

 価格はオープンで実売価格は4万円前後を想定している。8月25日より発売する。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画