このページの本文へ

ヤマハ、より小型化したサラウンドスピーカー「YSP-500」を発表

2007年10月04日 15時00分更新

文● 編集部 橋本 優

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヤマハ(株)は4日、1ユニットでサラウンド環境を実現するアンプ内蔵スピーカー「デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-500」を発表した。10月下旬発売で、価格はオープンプライス。想定実売価格は8万円前後。

YSP-500

YSP-500

 8月20日に同社が発表した「YSP-4000」(関連記事)の下位機種という位置づけで、YSPシリーズ入門機として投入する。

 本体サイズが幅610×奥行き220×高さ120mmと、YSP-4000(幅1030×奥行き144×高さ198mm)に比べて小型化されているのが特徴。テレビメーカーの販売しているテレビラックに十分収まるサイズになっているという。

 機能的には(YSP-4000と比較して)HDMI端子および「シネマDSP」が非搭載となり、また内蔵スピーカー数は、YSP-4000が2W×40、20W×2だったのに対し、YSP-500は2W×16、15W×2となる。仮想サラウンド機能である「マイサラウンド」はYSP-4000と同様に搭載する。

背面端子類

背面端子類

 最大出力は62W。音声入力は5系統(アナログ×2、光デジタル×2、同軸デジタル×1)、音声出力は1系統(サブウーハー用)、映像出力は1系統(コンポジット)で、重量は8.5kgとなる。

 なお、サブウーハーとのセットモデル「YSP-HT500」も用意されている。価格はオープンプライス。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中