このページの本文へ

「初音ミクV3」は9月26日発売、8月31日に英語版が先行

2013年08月10日 00時02分更新

文● 太田/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クリプトン・フューチャー・メディアは9日、VOCALOID 3エンジンを採用した「初音ミクV3」を9月26日に発売すると発表した。8月31日には、英語歌唱版「初音ミクV3 ENGLISH」のダウンロード販売を開始する。どちらもWindowsのほかMacintoshにも対応している。価格はオープンプライスで、同社Webサイトでの価格は初音ミクV3が1万6800円、初音ミクV3 ENGLISHは149ドル。

 さらに、英語版を同梱したバンドル版「初音ミクV3 バンドル」も9月26日に発売する。価格は2万1000円。また、「VOCALOID2 初音ミク」「MIKU APPEND」のライセンス登録をしているユーザーには優待販売も予定している。

左が「初音ミクV3 バンドル」、右が「初音ミクV3 ENGLISH」。なお、国内での初音ミクV3 ENGLISHのパッケージ販売は予定されていない

5つの音声ライブラリーを搭載

製品の説明を行なった同社代表取締役社長・伊藤博之氏

 初音ミクV3に収録している歌声は、従来の「ORIGINAL」に加えて、「SWEET」「DARK」「SOFT」「SOLID」の計5種類を収録。「VOCALOID2 初音ミク」「MIKU APPEND」との互換性を重視し、愛着のある初音ミクの要素を失うことなく、これまで作られた楽曲にもすぐに対応可能となるよう開発を進めているという。また、VOCALOID3で新たに採用された「Triphone(トライフォン)」の音素を多く含めることで、よりスムーズに音が繋がるようになったという。

今回は「Piapro Studio」と「Studio One Artist」が同梱されているので、このソフトだけですぐに作曲を始められるのが特徴だ

 今回から新たに開発された歌声ライブラリー「English」は、初音ミクの歌声はそのままに、やや落ち着いた雰囲気とTriphoneの音素を多く含めることによる滑らかな発音に仕上がっているとのこと。

 今回のバージョンからMacintoshにも対応した。リリース当初はVSTiプラグイン形式として、今後はApple標準プラグイン形式であるAudio Units(AU)にも対応したアップデートを予定している。

Piapro Studioはプラグインに対応しているので、ほかの音楽ソフトと連携することも可能
UIは編集画面にイラストを透過させて表示できたり、パートごとに好きなアイコンを貼り付けることもできる

 また、すべてのパッケージにはボーカルエディター「Piapro Studio」と、デジタルワークステーション「Studio One Artist Piapro Edition」、そして200種類以上の楽器音源を同梱している。

Xperia Aのミクコラボモデルが発表会に展示

発表会場では、9月下旬に発売予定の、Xperia×初音ミクのスマートフォン「Xperia feat. HATSUNE MIKU」の展示も実施していた。背面デザインにはかなり苦労したらしく、髪の毛に決まってからもデザインに会議が紛糾したという

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン