このページの本文へ

「NEC SDN Solutions」第一弾は10月から提供開始

NEC、SDN事業強化のためソリューションを体系化

2013年07月16日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECは7月11日、SDN(Software-Defined Networking)事業強化の一環として独自の技術、製品、サービスなどを組み合わせたソリューションを「NEC SDN Solutions」の名称で体系化することを発表した。第一弾となる5つのソリューションを10月から提供開始する。

NEC SDN Solutionsのコンセプトイメージ

 NECは、OpenFlowベースの「プログラマブルフロー」技術を開発、製品化するなどSDN領域において先駆的な取り組みを続けており、国内外の企業およびデータセンター事業者において100件以上の導入実績を有しているという。さらに今年4月には「SDN戦略本部」を設立し、SDN事業に関する戦略立案や、各市場向けSI/サービス/製品開発を行う関連部門を統括し、SDN事業の強化を図っている。

 今回、企業や官公庁、通信事業者、データセンター事業者向けに、同社の技術、製品、方法論、サービスなどを組み合わせたソリューションをメニュー化した。

 10月から提供を開始する第一弾のソリューションは、「拠点・データセンター接続最適化ソリューション」「オフィスLAN最適化ソリューション」「アクセス認証ソリューション」「IaaS運用自動化ソリューション」「データセンターネットワーク統合ソリューション」。さらに今後もメニューを拡充していく。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ