このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」第142回

Fitbit Oneでダイエット! 運動、食事、睡眠を手軽に記録するワザ

2013年07月10日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 健康を維持するためには、食事や運動のコントロールのほかに、質のよい睡眠を取ることも重要だ。そこで活躍するのが睡眠計。眠っている間の体の動きから、睡眠の質を記録してくれるデバイスだ。今回は歩数や消費カロリー、睡眠サイクルなどを記録できる「Fitbit One」を利用し、運動、食事、睡眠を手軽に記録・コントロールするワザを紹介しよう。

常に「Fitbit One」を身につけて、運動と睡眠の記録をきっちり取ろう

Fitbit Oneでライフログを取る

 スマートフォンでもたくさんの歩数計アプリが公開されているものの、バックグラウンドで動かすとバッテリー消費が大きくなるのがネック。スマホを入れておく場所によってもカウントする精度が異なるので、正確に計測できないこともある。睡眠計アプリにいたっては、スマホを枕の隣に置いて、ベッドの振動を計測するだけなので、なかなか正確な結果が出にくい。24時間きっちりデータを取るなら、専用デバイスの出番となる。

 Fitbit Oneは加速度センサーと高度計を搭載し、歩数や睡眠時の動きを検出して、消費カロリーや移動距離、昇った階段数、睡眠時間、睡眠サイクルなどを計測できる。ホームページやスマホアプリを利用すれば、摂取した水分や食事、アクティビティ、体重などを管理することも可能。体に関するログはこれ1つでOKというシロモノなのだ。

 まずは5分ほど充電してから、初期設定を開始する。Fitbitのホームページから、「Fitbit Connect」をインストールし、Fitbit Oneを設定しよう。

 ちなみに、バッテリーが空の状態から満充電までは1~2時間、動作時間は5~7日間程度だ。数日に1回、PCで作業するときなどに少しずつ充電すれば、バッテリー切れになることはないだろう。

「Fitbit One」。直販価格は9980円。カラーはブラッグとバーガンディの2色から選べる
本体に加え、クリップカバーやUSBハードキー、睡眠モニター用のリストバンド、充電ケーブルなどが付属するUSB充電ケーブルで5分以上充電する
Fitbitのホームページからセットアップページを開き、「ここをクリックしてダウンロード」をクリックする「Fitbit Connect」をインストールするPCにUSBハードキーを装着する
「新しいFitbitデバイスの設定」をクリックする「FITBITを初めて使う」をクリックしてアカウントを作成する。すでに利用している人は、右側をクリックしてログインする名前や生年月日、慎重、体重などを入力する
Fitbit Oneに表示されている4桁の数字を入力するニックネームを設定設定が完了。「ダッシュボードに移動」をクリックする
Fitbitのダッシュボードページが表示される

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン