このページの本文へ

バーチャルコンシェルジュやUPOE+LED照明調光をいち早く採用

東京と違った取り組みで関西を支援するシスコ大阪オフィス

2012年11月05日 06時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2012年5月に移転したばかりのシスコシステムズ(以下、シスコ)の大阪オフィスを見学することができた。シスコが提唱するワークスタイルの変革を実践すべく、コラボレーションを重視した最新オフィスをレポートしていきたい。

アクセスは最強!ショールームとしての取り組みも

シスコの大阪オフィスは大阪・梅田駅前でアクセスは最強(中央の黒いビル)

 シスコでは東京2カ所のほか、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡などに事業所を持っている。大阪オフィスは関西地区での営業の要となるオフィスだが、営業所だけではなく、ショールームとしての役割を持っている。

 6月にオープンした新オフィスは約1年前にできたばかりの新築ビルに設置されており、24階はシスコ専用のフロアとなる。新オフィスの売りの1つは、やはり大阪・梅田駅前という立地であろう。従来オフィスがあった新大阪は新幹線の乗り降りは楽だが、市内からはやや離れていた。これに対して、今回の新オフィスはJR大阪駅から徒歩5分で着き、阪急、阪神、市営地下鉄などの駅から至近。地下街から直接ビルに入ることもできる、まさに一等地といえる。

 新オフィスでは、単に新しいビルの採用だけではなく、さまざまな施策を導入している。たとえば、エントランスで導入されている「バーチャルコンシェルジュ」は、大阪オフィスのシスコのビデオ会議端末「Cisco TelePresence System EX90」からネットワーク経由で東京オフィスの受付担当者を呼び出すというソリューションだ。これは東京本社にもない、大阪オフィスならではのオリジナル。ビデオ会議というと、対面式のミーティングという感じだが、こういう使い方もあるのかと関心するところしきり。郊外の店舗やホテルなどでの利用が想定されている。

24階はシスコ専用フロアでエレベータホールにもロゴがある廊下を抜けていくとエントランスに行き着く
エントランスで導入されているバーチャルコンシェルジュ。六本木にある東京本社の受付担当者が対応してくれる
エントランスからオフィスに入ると、顧客と営業との打ち合わせスペースになる。インテリアもおしゃれで、夜は梅田の夜景もきれいそうだ

 前述したように新オフィスはショールームを兼ねており、顧客向けのエリアでは、シスコのビデオ会議システムが用意されている。製品の種類は異なるものの、東京本社オフィスと同じビジュアルコミュニケーション製品を、大阪オフィスでも体験できる。テレプレゼンスはもちろん、音声やビデオ、Web会議、メッセージングなどを統合したコラボレーションやUC(Unified Communications)のアプリケーション、WebブラウザベースのWebEXなどをさまざまな端末で試すことが可能だ。特にiPadとCisco Jabberによるモバイルでのコラボレーション、デスクトップ仮想化を提供する同社のVXI端末などは、モバイル&クラウドというワークスタイルを実践したモノといえる。

ビデオ会議システムとデスクトップ仮想化を組み合わせたシステムが体験できる
TV会議システムではシスコの北京オフィスの近くを中継している最近、同社が力を入れているiPadのようなデバイスからの利用も可能

 HDクオリティのビデオ会議は、臨場感(イマーシブ)が従来に比べて格段に高く、本来のミーティングに没入できる。百聞は一見にしかずということで、ぜひ体験してみたい。

電子黒板が利用できるグループディスカッション用の部屋も用意されている中小規模向けのTV会議端末やタッチパネル付きのIP電話機が設置された部屋

フリーアドレス制の全面導入や
最新の調光システムも

 執務エリアは社員にとって快適なワークスペースとして設計されており、共同作業のしやすいオープンレイアウトが導入されている。社員の自由な働き方を支援するフリーアドレス制を役員まで含めて全社員に適用し、社員はオフィス内の空いている席に座り、スペースが空いていれば逐一ミーティングが行なえる。オフィス内で安心して通話できる「Quiet Room」という部屋が用意されているところなどは、営業向けならではといえる。

フリーアドレス制の広々としたワークスペース。営業系オフィスなので昼間は閑散としているミーティングスペースに逐一集まって会議することも可能
通話が漏れないQuiet Roomと呼ばれた部屋はまさに営業向け社内の最新情報を流すデジタルサイネージも用意されている

 執務エリアのワークスペースでは、シスコならではの照明調光システムが用意されている。シスコのUPOE(Universal Power over Ethernet)技術により、調光機能付きのLED照明に対し、Ethernetで給電しているのだ。Webブラウザから調光でき、PCやスマートフォンのほか、タッチパネルディスプレイ付きのIP電話機からも操作が行なえる。新しいビルだからこそできたBEMS(Building and Energy Management System)の取り組みだが、実際のオフィスで見られるのは非常に珍しい。

昼間は半分だけOFFにするといった操作も簡単に行なえるPCやスマートフォンだけではなく、IP電話機からも操作できる
蛍光灯と比べた省エネ率も表示されている。現在は65%

 ここまで見てきたとおり、バーチャルコンシェルジュしかり、UPOEによる調光システムしかり、新しい大阪オフィスでは東京本社と異なる独自の取り組みが盛り込まれている。大阪のまさにど真ん中に、こうした先進的なオフィスを配置することで、関西でも東京と同じユーザーエクスペリエンスを実現できるようにしているわけだ。製品や技術のみならず、BYODやビジュアルコミュニケーションを取り入れた新しいワークスタイルまでもユーザーに提供したいと目論むシスコにとって、この新しい大阪オフィスは重要な位置づけを占めている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ