このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Chrome乗り換え総合案内【初心者~上級者テク完全まとめ】第2回

今日から始めるChrome!知って便利な応用技まとめ

2012年09月04日 12時00分更新

文● 小原裕太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 特集1回目では駆け足でChromeの基本を紹介したが、Chromeのブラウザとしての魅力や基礎体力の高さを理解していただけただろうか?「Chrome、いいね!」と思っていただけたなら幸甚なことだが、ちょっと待ってほしい。Chromeの実力はこんなものではないのだよ……!

 というわけで第2回となる今回は、Chromeの深部に迫る応用編として、ウェブブラウズをさらに快適に、情報収集をより便利にするテクニックから、Chromeそのものを「オレ流に染める」カスタマイズ方法まで、ねっちり紹介していきたい。

快適・安心のブラウズ環境にする!

 まずは初級レベル。ChromeでWebを巡回していて、何となくページが見づらい、読みづらいと感じたら、フォントやフォントサイズを変更してみよう。Chromeでは環境設定からこれらの変更が可能だ。ここでいろいろ試行錯誤して、自分に合った設定を見つけよう。

 また、Chromeの「売り」であるGoogleアカウントを使った同期機能だが、初期設定では同期データが暗号化されていないため、悪意のある第三者に大切なデータを盗み見されてしまう可能性も否定できない。同期データは暗号化した上にパスコードで保護することができるので、セキュリティー意識の高い人は設定しておくといいだろう。


●フォントを見やすくする方法

Chromeの設定画面を表示するには、レンチアイコンメニューから「設定」を選択する設定画面を画面下までスクロールして「詳細設定を表示」をクリック
「ウェブコンテンツ」の「フォントサイズ」のリストからフォントのサイズを選択できる。フォントを変更したい場合は「フォントをカスタマイズ」
フォントの種類ごとに任意のフォントを設定できる。ちなみに、Serifフォントは明朝体、Sans Serifフォントはゴシック体だ。「最小フォントサイズ」は、指定したサイズ以下のフォントが使われている場合、その部分が指定サイズまで拡大表示される設定だ

●同期データを暗号化する方法

Chromeの設定画面の「ログイン」セクションにある「同期の詳細設定」ボタンをクリックする「パスワードを暗号化する」で、同期データが暗号化される。データが傍受されても解読が困難になる。「任意のパスフレーズを指定する」で同期時にパスフレーズを入力するようにもできる

●同期データをリセットする方法

設定画面で「Googleダッシュボード」をクリックGoogleアカウントのパスワードでログイン
「Chrome Sync」セクションの「同期を停止しGoogleからデータを削除する」のリンクをクリックする「同期を停止しGoogleからデータを削除」ボタンをクリックすると、同期データが削除される。クリック後、データの復元はできないので注意

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン