このページの本文へ

これデジイチじゃないの!? PENTAXから「K-5」そっくりコンデジ

2012年08月23日 10時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ブラックとシルバーのカラーモデルを用意する「PENTAX X-5」。ただの望遠コンデジにしないところがペンタックスらしい
ブラックとシルバーのカラーモデルを用意する「PENTAX X-5」。ただの望遠コンデジにしないところがペンタックスらしい

 ペンタックスから、同社のデジタル一眼レフ「K-5」の外観そっくりの非レンズ交換式デジタルカメラ「PANTAX X-5」が登場する。9月13日発売予定で、予想実売価格は3万円台半ば。

ちなみにこちらが「K-5」。2010年秋に登場した ちなみにこちらが(本物の)「K-5」。2010年秋に登場した

 PANTAX X-5は光学26倍ズームレンズを搭載する望遠タイプのデジタルカメラ。撮像素子には有効約1600万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用し、ISO 6400までの感度設定が可能だ。

上から見たところ。レンズ周囲に緑のリングを配するなど再現が細かい。モードダイヤルも装備する 上から見たところ。レンズ周囲に緑のリングを配するなど再現が細かい。モードダイヤルも装備するが、K-5とは位置が違う

 望遠撮影モデルということで、手ブレ補正はセンサーシフト式と電子式の「デュアル手ブレ補正」を搭載。カメラが最適な撮影モードを自動選択してくれる「オートピクチャー」や「プログラム」「マニュアル」などの撮影モードを切り替えられるモードダイヤルも搭載する。フルHDの動画撮影も可能だ。

背面には液晶モニターとビューファインダーを搭載。液晶は上下にチルトする

 背面には上下にチルトする可変式液晶モニター(3型、約46万画素)と、ファインダー(電子ビューファインダー、約23万画素)を装備。チルト液晶はペンタックスブランドのデジカメでは初搭載になるという。

底面の電池室。単三電池4本で駆動する 底面の電池室。単三電池4本で駆動する

 なお、電源は単三電池4本を使用。アルカリ電池使用時で約330枚の撮影が可能だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン