このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

2012夏 注目モデル Xperia GX&SXレビュー 第1回

今週発売のXperia新シリーズに接近!

注目モデル「Xperia GX」&「Xperia SX」はどちらが買い?

2012年08月05日 15時00分更新

文● mobileASCII編集部 高橋章憲

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

R

http://mobileascii.jp/

本記事は「mobileASCII」(http://mobileascii.jp/)に掲載された内容から転載したものです。mobileASCIIのWebサイトにアクセスするには、右のロゴをクリック!

Android 4.0搭載で、Xiに対応!
ソニーブランドに改められた
New Xperia 2機種のスペックをチェック

 過去最大の8メーカー・16機種をラインナップする、ドコモの2012年夏モデル。その中でも、期待度の高さで注目なのが、Xperiaシリーズの2機種「Xperia GX SO-04D」と「Xperia SX SO-05D」です。

 新しいXperiaシリーズは、ソニー・エリクソンから、ソニーモバイルコミュニケーションズに社名変更して初めての国内発売モデル。Xperiaシリーズの象徴だったグリーンの立体シンボルマークは残されていますが、ロゴは「Sony Ericsson」から「SONY」に改められています。

 Xperiaといえば、そのデザイン性と性能の高さで、すっかり世界的なブランドとして定着しています。今年の春モデルとして登場したXperia acro HDは、発売以来、販売台数ランキングでも常に上位をキープしているほどの人気機種となっていますが、その後を受けて発表された「Xperia GX」と「Xperia SX」は、どれくらいの進化を遂げているのか、非常に興味をかき立てられるところです。

 発売日はまだの両機種ですが、幸いにも発売前の試用機をお借りすることができたのでベタベタと触ってみました。それでは気になるところをじっくりチェックしていきましょう!

大画面ディスプレイと性能バランスが魅力の「Xperia GX」
手のひらにすっぽり収まる小型ボディが目をひく「Xperia SX」

 今回発売になるXperia GXとXperia SXは、2機種ともXperiaシリーズとして初めてXiに対応するモデルとなります。どちらを買うか迷っている読者も多いと思いますので、まず最初にスペックや機能の違いなど、特徴的な部分を比較してみたいと思います。

 ざっくりと2機種の特徴を説明するなら、グローバルモデルにおサイフケータイを搭載してきた王道路線のGXと、防水を除く国内向け機能をコンパクトボディに詰め込んだSXといった感じになります。

 昨年の「Xperia arc SO-01C」と「Xperia acro SO-02C」の2機種は、スペックがほとんど共通で、違いは日本向け機能の有無と本体デザインだけでしたが、Xperia GXとXperoa SXは、開発コンセプトから大きく異なっています。

土台のスペックは共通ながら、ディスプレイの
解像度やカメラの画素数で差別化

 まずは2機種のスペックを見てみると、CPUや通信系の部品といったスマートフォンとしての土台部分が共通していることがわかります。大きく違う部分は、ディスプレーの大きさや解像度、装備するカメラの画素数、搭載ROM容量、ワンセグ&赤外線通信といった組み立てモジュールの部分などです。

 ちなみにディスプレイに関しては「SXのディスプレイもHD解像度が良かったのに!」と思われる方もいるかもしれませんが、3.7型という小さなディスプレイでqHD解像度を実現したのはSXが初めてですので、このサイズでHD解像度のディスプレイを求めるのは、無い物ねだりかもしれません。

 Xperiaシリーズのファンは、どちらを選べばいいのか迷っている人も多いかと思いますが、大画面とカメラ性能を重視する人ならGX、コンパクトさとワンセグ&赤外線通信を重視するならSXということになるでしょう。

 細かい部分は、下の表を参考にしてみてください。

Xperia GXとXperia SXの共通仕様

  Xperia GX/SX 共通仕様
OS Android 4.0 Ice Cream Sandwich
CPU Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHz デュアルコア
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5.xGHzデュアルバンド対応)
Bluetooth 3.1(SPP, A2DP, AVRCP, HID, HFP, HSP, OPP, PBAP, PAN)
通信速度 Xi対応 (受信時最大75Mbps、送信時最大25Mbps)

 OSは、2機種ともにAndroid 4.0を搭載。CPUも共通で、第4世代Snapdragonとなる、1.5GHz デュアルコアのMSM8960を採用しています。また、Xiへの対応をはじめとする、Wi-FiやBluetoothといった通信系に関わるスペックも同一です。

Xperia GXとXpera SXの違い

 表を見ていくと、ディスプレーやカメラ周り、ROM容量などは、Xperia GXの方がハイスペックとなっているのがわかります。対して、Xperia SXにはワンセグと赤外線通信機能があり、機能面ではGXを上回ります。Xperia acro HDで好評だった防水/防塵機能は、両機種ともに採用を見送られています。

  Xperia GX Xperia SX
ディスプレー 約4.6インチ
HD(1280×720ドット)
HD Reality Display
約3.7インチ
qHD(960×540ドット)
Reality Display
RAM 1GB 1GB
ROM 16GB 8GB
メインカメラ 約1300万画素
裏面照射型CMOSセンサー
Exmor R for mobile
約810万画素
裏面照射型CMOSセンサー
Exmor R for mobile
インカメラ 約130万画素 約31万画素
バッテリー容量 1700mAh 1500mAh
ワンセグ × ○(外付けアンテナ使用)
赤外線通信 ×
おサイフケータイ
防水/防塵 ×/× ×/×
NOTTV × ×
おくだけ充電 × ×
サイズ/重量 約131mm×69mm×10.5mm
(最薄部約8.6mm)
約127g
約115mm×54mm×9.4mm
約95g

 次のページからは、Xperia GXとSXそれぞれのデザイン面をチェックしていきます。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン