このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

auスマホ初の「F」型番! 発表会で見た富士通「ARROWS」

2011年12月05日 19時14分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

WiMAXに1.2GHzデュアルコアCPUの組み合わせで高速な「ARROWS Z ISW11F」。カラーラインアップは4色

薄さ6.7mmの「ARROWS ES IS12F」。1.4GHzのCPUを搭載

 富士通はau向けスマートフォン「ARROWS Z ISW11F」「ARROWS ES IS12F」などの新商品説明会を開催した。

 ISW11Fは9月の発表会ですでに公開されているが(関連記事)、WiMAX対応で防水・防塵仕様のハイスペックスマートフォン。12月中旬発売予定。IS12Fは最薄部で6.7mmを実現した防水スマートフォンで、2012年1月上旬以降に発売の予定だ。

どちらも防水仕様だ

どちらも防水仕様だ

ARROWS Z ISW11Fは4.3型ディスプレーを採用。auのスマホでは最大サイズ、最大解像度になるという

ARROWS Z ISW11Fは4.3型(720×1280ドット)のディスプレーを採用。auのスマホでは最大サイズ、最大解像度になるという

手書き入力が可能。同社はこれらを「ヒューマンセントリック」と呼んでいる

手書き入力が可能。画面輝度の自動調整や見やすいフォントなどを含め、同社はこれらを「ヒューマンセントリック」と呼んでいる

ARROWS ES IS12Fは4型の有機ELディスプレー(NEW AMOLED)を搭載。左は従来の機種で右がIS12F

ARROWS ES IS12Fは4型の有機ELディスプレー(NEW AMOLED)を搭載。左は従来の機種で右がIS12F

ディスプレー表面には特殊強化ガラスの「Gorilla Glass」を採用

ディスプレー表面には特殊強化ガラスの「Gorilla Glass」を採用

ボディは塗装がはがれにくい「ウルトラ タフガード」コーティングを採用。左がIS12Fで右が従来機の摩耗試験の結果

ボディは塗装がはがれにくい「ウルトラ タフガード」コーティングを採用。左がIS12Fで右が従来機の摩耗試験の結果

左がIS12F、右が従来機によるストラップ摩耗試験の結果。右側は少しキズが付いている

「こんなに薄いボディだけど頑丈!」をアピールするためか、会場には鉄球とハンマー的なモノが……

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン