このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

最低限の操作で強力なセキュリティを実現

手軽で堅固な「マカフィー トータルプロテクション 2012」

2011年10月03日 11時00分更新

文● 外村克也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

護身の術がぎっしり詰まったマカフィー トータルプロテクション 2012

 前編では「マカフィー トータルプロテクション 2012」の核ともいえるウイルスからの保護機能を紹介した。

 トータルプロテクションの魅力は、多彩な機能が1本のソフトに詰まっているところにある。後編ではその機能群を余すことなく解説する。

危険なサイトは検索時点で察知

マカフィー トータルプロテクションは、第三者評価機関「AV-Comparatives」のマルウェア&スパイウェアの対策とパフォーマンスの両カテゴリにおいて、最高ランクの「ADVANCED+」を受賞したお墨付きのソフトだ

 個人情報の保護や迷惑メールへの対応も、セキュリティソフトでは気になる部分の1つだ。

 本ソフトでは「マカフィー パーソナルファイアウォール」「マカフィー アンチスパム」「マカフィー サイトアドバイザー ライブ」の3つの機能が、ウェブやメールといったインターネット経由での情報流出を防いでいる。

 特に注目したいのがファイアウォール機能だ。ファイアウォールはセキュリティを高めすぎると、特定のソフトでインターネットへの接続ができなくなったりと不便になることもある。

 「マカフィー トータルプロテクション 2012」では、安全なソフトであれば自動的に通信を許可する「スマートリコメンデーション」機能があり、使い勝手が損なわれない。

 また、送信だけを許可して悪意のある攻撃を防ぐ「送信アクセス」、自分のパソコンがあたかもネットワークにいないよう振る舞って外部からのアクセスを減らす「ステルス」など、複数のモードを選択できる。自分の環境に合った使い方を選ぼう。

 迷惑メールの対策については、マカフィー独自のフィルタリング手法による迷惑メール保護の他に、特定のドメインからの受信を許可したり、特定の言語で書かれたメールを受け取らないという設定もできる。

 プロバイダーのフィルター機能をすり抜けて届く迷惑メールにも、独自のフィルター機能や「友人リスト」「文字セット」などのフィルターで効果的な対策が施せる。

 「サイトアドバイザー ライブ」は、ウェブ閲覧中のセキュリティを高めるものだ。IEのアドオンがインストールされ、フィッシング詐欺等、問題のあるウェブページを事前に察知する。

ファイアウォール機能ではセキュリティレベルを5段階から指定可能。安全なソフトの通信を自動で許可する設定や、通信を遮断した履歴をあとで確認できるなど高度な機能がそろっている

サイトアドバイザーライブは検索エンジンで表示される結果を事前に精査して、安全なサイトを緑色のアイコンで知らせてくれる

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

マカフィーは大切なものを守ります。