このページの本文へ

スマートフォンではオートチャージにも対応

ケータイ料金でシャリーン Edyチャージがauの支払いで可能に

2011年06月29日 21時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIと楽天は業務提携を発表。楽天グループのビットワレットが提供する「Edy」を中心としたサービスで連携する。

Edyを中心にKDDIと楽天が提携。両社のトップが並んだ

 具体的な内容としては、まずは「Edy|au」と題し、auのケータイ料金と合算して支払える「auかんたん決済」でEdyチャージを可能にする。Edyのチャージにはこれまでクレジットカードか対応銀行口座、もしくは現金が必要だったため、auユーザーはEdyの利用が大変手軽になる。これは8月4日のスタート。

“ガラスマ”のFeliCa対応で先行したEdy。すでにEdy用アプリは30万回以上ダウンロードされたとのこと

 さらに9月27日からはスマートフォン専用で「オートチャージ」が利用可能になる。Edyチャージの金額が一定以下になったときに、自動的にチャージをするもので、オートチャージする際の残高/チャージ額とも事前に設定しておくことができる。

ケータイと合算した形でEdyチャージ分の支払いが可能になる。スマートフォンではオートチャージにも対応

 今後はマーケティング面でさらに協力を深めていく予定で、位置情報や購買情報の分析により、クーポン配信や商品のレコメンドなどリアル店舗への送客を展開するほか、海外ビジネス展開での協力、楽天市場におけるauかんたん決済での支払いの対応などが予定されている。最後の楽天市場でのauかんたん決済については、今秋を目処にauのスマートフォンで利用可能になるとのことだ。

両社が提携してのマーケティングや、楽天市場でのauかんたん決済の対応など、今後も協力関係を進めていく

 記者会見で登壇したKDDI代表取締役社長 田中孝司氏は「ネットの上だけでなく、リアルな世界を含むサービスをこれから提供していきたい」とし、端末/ネットワーク/アプリ、コンテンツの三位一体によるauならではのワクワク感をさらに高められるサービスとして「Edy|au」を位置づけた。

 また、楽天代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏も「(モバイル時代の)大きなコンポーネントがリアルなペイメント。3300万人以上いるauユーザーと、インターネットユーザーの7割以上が登録している楽天とが共通で新しいサービスを展開していくことにワクワクしている」と今回の連携への期待を語った。

KDDI 田中氏楽天 三木谷氏

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン