このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

【所長コラム】「0(ゼロ)グラム」へようこそ

「萌え」の構造と「擬人化」

2010年10月15日 14時00分更新

文● 遠藤諭/アスキー総合研究所

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ポチョムキン

 19世紀後半に、ミシンやタイプライターや電話が登場し、20世紀のはじめにラジオや飛行機、特殊相対性理論なんかが出てきて、世界はどんどん近代化していった。それと同じ時期に、ヨーロッパでは前衛的な芸術運動が盛んになり、表現の世界は混沌の中に向かっていった。

 エジソンがキネトスコープを発明したのは、1891年。映画を実用化したといえるリュミエール兄弟は、「活動写真」という名前のとおり、世界の風景を撮影するのに使った。それから20年以上もかかって、『戦艦ポチョムキン』(1925年)でモンタージュ手法(複数のカットを編集して見せる技法)が確立されて、映画は我々の知っているような映画となったともいえる。


テクノロジー/アート年表
1900年頃と2000年頃の、テクノロジーとアートの年表

 ネット時代のネイティブなコンテンツの進化にも、これからまだ長い道のりがあるとしか思えない。テクノロジーと芸術や作品の世界は、深くリンクしているからだ(たとえ表現の手段が新しいテクノロジーを直接使っていなくてもである)。

 10月14日(木)から17日(日)まで、日本科学未来館、東京国際交流館で「デジタルコンテンツ EXPO 2010」が開催される。グラフィックス表現や表示デバイスが劇的に変化しているいま、まさにデジタルコンテンツは大きな曲がり角に来ているといえる(「DIGITAL CONTENTS EXPO」公式サイトをご覧あれ)。その中で、主催者プログラムのシンポジウム擬人化ジャパン ~日本発・擬人化キャラクタがモノづくりを語る~に参加させてもらうことになった。

 「擬人化」とは、もちろん国語の時間に教えられた「擬人化」の意味だが、アキバ的な意味で独特の盛り上がりをいま見せている。たとえば、小惑星探査機「はやぶさ」の擬人化。「はやぶさ」が「はやぶさたん」という女の子に擬人化して、地球から往復60億kmも“お使い”に行ってくるのである。

 なんでも擬人化できるのだが、一般には、共有感のある身近に感じるものであることが多い。送り手にとっては、まったくオリジナルなものを素材に語るよりも受け入れられやすくなる。受け手も、知っているものが萌え化してどんなキャラクターになるかという楽しみがあるからだ。

 そして、昨今の擬人化では、題材がコンテンツではなくモノであるところに新しさがある。そこに、日本のオリジナリティとか、ドメスティックな感覚というものが作用してくる。擬人化は、モノ作りにとって大切な何かに触れているのかもしれない。いまの萌え系の人たちのセンスを感じとっているくらいでないと、次の時代の製品やサービスを生み出せないのではないかとも思える。

 『戦艦ポチョムキン』で映像を切り刻んで編集し、つなぎあわせて表現したことが、当時は新しかった(いまでは当たり前に受け入れているわけだが)。同様に、今はまったく思いもよらないようなことが、デジタルコンテンツの行く先だったり、デジタル機器の役割になるかもしれないのだ。

特徴的な世代分布から
「萌え」を分析してみる

 「擬人化」は、デジタルコンテンツ EXPOでのパネルディスカッションの座長を務められる京都工芸繊維大学大学院 倉本到準教授も指摘されるとおり、「萌え」の文脈で見ることができる。たとえば、秋葉原の“三月兎”(デジタル&コンテンツ系のお店ですね)の店頭などを参考に、「擬人化」のタントラ図を書くとすると、次のようなものになる。

「擬人化」のタントラ図
「擬人化」のタントラ図。萌えの領域の中で、同人・創作文化とそれを受け入れ評価するプラットフォームが擬人化を生んだ

 それでは、いま誰がどう萌えているのか? ネット行動やコンテンツ消費に関するアスキー総研の1万人調査『MCS(メディア&コンテンツサーベイ)2010』で調べると、「萌え」に関する特徴的な構図が見えてくる。

 たとえば、MCSで「本や雑誌記事の興味テーマ」として、「萌え」と答えた人を性年代別で集計してみる。

興味テーマ「萌え」と答えた人の性年代別グラフ
興味テーマ「萌え」と答えた人の性年代別グラフ

 なんといっても、20代が、「萌え」が興味テーマと答えた人のピークとなっている。我々の他のデータでも明確に出ているが、いまの若年層はとてもアキバっぽい。そして、もうひとつ目に付くのが、30代の減少が大きいのに対して、40代がしぶとく萌えていることだ。グラフを見ると、男性40代のところが腰骨のように張り出している。

 実は、「萌え」に関係するコンテンツの視聴層やサービスの利用層を性年代別で集計すると、ほとんどの場合これに似たカーブにお目にかかることになる。たとえば、「萌え」系の人がいま最も見ているテレビ番組は『けいおん!』である。

テレビアニメ『けいおん!』視聴者の性年代別グラフ
テレビアニメ『けいおん!』視聴者の性年代別グラフ

 メイド喫茶の利用者やコミケ(コミックマーケット)参加者など、「萌え」に関係するサービスでも、この特徴的なカーブになる。

「メイドカフェ」利用者の性年代別グラフ
「メイドカフェ」利用者の性年代別グラフ

 単純に、20代のコンテンツの消費量が多いということだけでは説明できない。「萌え」でない興味テーマでは、このようなカーブとはならないからだ。

『ONE PIEACE』読者層の性年代別グラフ
『ONE PIEACE』読者層の性年代別グラフ。20代がピークだが40代の盛り上がりは見えない

 これ以外にも、「萌え」系の人たちの特徴を示すデータはある。たとえば、「萌え」の人の使用ケータイは、ドコモが38%、auが36%、ソフトバンクが26%となる。全体では、同46%、31%、24%のシェア(ネットを利用する12~69歳男女)なので、auを使っている比率がきわめて高いことが分かる。ケータイ業界では「auはアニメファンに強い」といわれてきたが、それ以上の数値を示している。

 しかし、興味深いのは20代が萌えていて、40代がしぶとく萌えているという性年代別のデータではないかと思う。これについては、いずれジックリ触れることにしよう。

前へ 1 2 次へ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ