このページの本文へ

XFX「Radeon 4890 1.0 GB DDR5 Black」

Radeon最速のコアクロック1GHzとなる「Radeon HD 4890」

2009年07月30日 22時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 コアクロックが1.0GHzとなるオーバークロック仕様の「Radeon HD 4890」搭載ビデオカード「Radeon 4890 1.0 GB DDR5 Black」(型番:HD-489A-ZDBC)がXFXから発売となった。

HD-489A-ZDBC
コアクロックが1.0GHzとなるオーバークロック仕様の「Radeon HD 4890」搭載ビデオカード「Radeon 4890 1.0 GB DDR5 Black」(型番:HD-489A-ZDBC)がXFXから発売
スーパーOC
コア/メモリクロックが定格の850MHz/1950MHz→1000MHz/2000MHzに引き上げられた、まさにスーパーオーバークロック仕様

 同製品は、コア/メモリクロックが定格の850MHz/1950MHz→1000MHz/2000MHzに引き上げられた、まさにスーパーオーバークロック仕様となる「Radeon HD 4890」搭載ビデオカード。国内で販売されている「Radeon HD 4890」搭載ビデオカードとしては最速の製品となる(ちなみに、今までの最速モデルは「SAPPHIRE TOXIC HD 4890 1GB GDDR5 PCIE OC」)。

ポップ
搭載メモリがGDDR5 1GB、ブラケット部はDual DVI/HDTV-OUTという構成。冷却クーラーはリファレンスに見える

 その他、主なスペックは搭載メモリがGDDR5 1GB、ブラケット部はDual DVI/HDTV-OUTという構成。付属品としてDVI→D-Sub変換コネクタやDVI→HDMI変換コネクタ、HDTV対応コンポーネントケーブル、電源変換ケーブル×1、NATIVECROSSFIREケーブルなどを同梱する。なお、補助電源は8ピン+6ピン仕様(従来の「Radeon HD 4890」搭載VGAは6ピン+6ピン)となるので注意が必要。販売しているのはアーク。価格は2万9780円となっている。

補助電源
補助電源は8ピン+6ピン仕様(従来の「Radeon HD 4890」搭載VGAは6ピン+6ピン)となるので注意が必要だ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中