このページの本文へ

オールエイ「ウィンキー・タッチプラス10/2.4G」

テンキー兼用のタッチパッドを搭載したキーボードが展示中

2009年07月10日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 テンキーを兼用するタッチパッドを搭載したユニークなキーボード「ウィンキー・タッチプラス10/2.4G」がオールエイから登場。近日発売になる予定だ。

「ウィンキー・タッチプラス10/2.4G」 ポップ
テンキーを兼用するタッチパッドを搭載したユニークなキーボード「ウィンキー・タッチプラス10/2.4G」がオールエイから登場
タッチパッド
本体右側にテンキーを兼用するタッチパッドを搭載。ボタンによりテンキーとタッチパッドに切り替えが可能だ

 同製品は、本体右側にテンキーを兼用するタッチパッドを搭載するという2.4GHz転送式のワイヤレスキーボード。タッチパッド部分は、ボタンによりテンキーとタッチパッドに切り替えが可能。拡大/回転/ズーム/スクロールといった操作が指2本で可能なほか、タップすることで左右クリックなどの動作もできる。

ホットキー 仕様
16のホットキーを搭載

 主なスペックは、日本語109A配列の89キーで、メンブレンスイッチ、キーピッチ19mm、キーストローク3.0±0.3mmとなるほか、16のホットキーを搭載。単三形乾電池×2で約1ヵ月間の使用が可能で、操作範囲は最大約10m。現在、サンプル版を展示中のツクモパソコン本店によると、発売は来週15日で価格は7980円となっている。

指操作1 指操作2
拡大/回転/ズーム/スクロールといった操作が指2本で可能なほか、タップすることで左右クリックなどの動作も

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中