このページの本文へ

ECSから“i945G”搭載のMicro ATXマザー「945G-M3」が登場!

2005年06月24日 22時53分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ECSから、デュアルコア対応チップセット“i945G”を搭載するMicro ATXフォームファクタのマザー「945G-M3」が登場した。ギガビットイーサネットやIEEE1394aなど、必要な機能をひと通り備えている。

945G-M3
“i945G”+“ICH7”搭載のECS製Micro ATXマザーボード「945G-M3」

 拡張スロットの構成はPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2、DDR2 DIMM×2(DDR2-667/2GBまで)となる。主なオンボードインターフェイスにはチップセット内蔵のVGA機能のほか、Realtek製“RTL8110S”によるギガビットイーサネット、IEEE1394a、8chサウンド、Serial ATA II×4など。価格はフェイスで1万2770円、TWOTOP秋葉原本店で1万2780円。

メモリスロット リアインターフェイス
メモリスロットは2基。DDR2 667/533/400をサポートし最大2GBまで搭載可能リアインターフェイスには、ギガビットイーサネット、サウンド、IEEE1394a、USB×4などを用意
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ