このページの本文へ

“RADEON XPRESS”搭載のLGA775対応マザー「RS400-A」がECSから

2005年05月20日 12時59分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ECSから、LGA775に対応した“RADEON XPRESS 200 for Intel Processors”搭載のATXマザーボード「RS400-A」が登場した。似たような製品としてはASUSTeKから「P5RD1-V」が発売されている。

RS400-A
LGA775に対応した“RADEON XPRESS 200 for Intel Processors”搭載のATXマザーボード「RS400-A」

 ASUSTeK「P5RD1-V」が採用するSouth bridgeはULI製“M1573”だったが、今回の「RS400-A」ではATI製“SB400”を使用。特徴は、もはやお馴染みとなったECS独自のAGP互換スロット“AGP Express”を装備し、“RADEON X300”相当のオンボードVGA機能などと組み合わせることでマルチモニタ環境が可能な点だ。もちろんほかにPCI Express x16スロットも装備しているので、世代を超えてビデオカードの使用が可能となる。また、最近では珍しくなりつつあるが、DDR/DDR2スロットをそれぞれ2本づつ搭載(排他)するのも特徴のひとつだろう。そのほか、オンボードインターフェイスとして6チャンネルサウンドや10/100Base-Tイーサネット、Serial ATA(RAID対応)ポートが4つ用意されている。価格はTWOTOP秋葉原本店で1万2380円、高速電脳で1万2390円となっている。

拡張スロット メモリスロット
もはやお馴染みとなったECS独自の“AGP Express”スロットを装備。マルチモニタ環境が可能だDDR/DDR2スロットをそれぞれ2本づつ搭載。DDR 400/DDR2 667まで対応する
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ