このページの本文へ

『ドラゴンランス 魂の戦争 第一部 墜ちた太陽の竜〈上〉』

『ドラゴンランス 魂の戦争 第一部 墜ちた太陽の竜〈上〉』

2005年03月26日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

『ドラゴンランス 魂の戦争 第一部 墜ちた太陽の竜〈上〉』

アスキー/エンターブレイン

1700円(税別)

世界で累計5000万部を売り、世界一売れているファンタジーRPG(ロールプレイングゲーム)小説シリーズとして(特に米国で)名高い『ドラゴンランス』シリーズ。その最新大長編作品『Dragonlance:The War of Souls』の邦訳第一作目である『ドラゴンランス 魂の戦争 第一部 墜ちた太陽の竜〈上〉』(原書名『Dragons of a Fallen Sun』)が、(株)アスキー/(株)エンターブレインより28日に発売される。Amazon.co.jpほか、アスキーストアなどで購入可能。

『ドラゴンランス 魂の戦争 第一部 墜ちた太陽の竜〈上〉』『ドラゴンランス 魂の戦争 第一部 墜ちた太陽の竜〈上〉』マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン 著・安田均 訳/A5変型版/全288ページ/3月28日(月)発売/1700円+税/ISBN4-7577-2235-4 あの少女は救世主か、悪魔か? その存在は、現実か、あるいは民衆の願望が生み出した幻か? そして若きエルフ王子は自立できるのか?──呪われた谷で嵐のなか突如現われた謎の少女ミーナの力で、邪悪な巨竜勢に分割支配された世界が今、大戦乱へと動き始める……

「俺の人生かこの世が終わるまで、俺は彼女とともに戦う!」

〈混沌戦争〉が終わり、〈人の時代〉が訪れた惑星クリン。

従来の魔法が次第に働きを失っていくなか、いずこからか邪悪な巨竜たちが飛来し、次々とクリンのドラゴンを討ち滅ぼしていく。

そして今やアンサロン大陸は、他のドラゴンの魂を喰らってさらに強大化した大赤竜マリス、大緑竜ベリルなどの巨竜たちに分割統治されていた……。

そんなある日、アンサロン全土をただならぬ大嵐が襲う――そのさなか、利き腕を失った隻腕のミノタウロス騎士ガルダーが呪われた谷で見た奇跡が、そしてシルヴァネスティとクォリネスティの両エルフ王家の血をひく若き王子シルヴァノシェイを襲った悲運が、世界を根底から揺るがす大戦乱へと導いていく……。

扉絵
扉絵

世界最高峰の“剣と魔法”のファンタジー小説として、『指輪物語』(ロード・オブ・ザ・リング)と並び称する熱狂的なファンも多い大傑作シリーズ『ドラゴンランス』──そのまったく新しい幕が、かつてないほど壮大なスケールで、いま切って落とされる。緻密にしてシリアス、そして時にユーモアも混じる愛すべきそのファンタジー世界は、おそらくあなたをして、『これは実際にあるもうひとつの世界ではないのか?』と錯覚せしむるであろう。

『指輪物語』はもとより、『ハリー・ポッター』『ダレン・シャン』『デルトラ・クエスト』『バーティミアス』など、最近の児童向け海外ファンタジー作品群にハマった方には、ぜひ1度手にとっていただきたい名作である。



★担当編集者より

シリーズ中、最長(全八巻予定)にして最高の作品との呼び声も高い、『ドラゴンランス』の新作長編『ドラゴンランス 魂の戦争』がついに日本初登場です!! 角川グループ全体が力を入れて、満を持して発売する2005年最大の話題作のひとつです!! 従来とは世界観が一新されておりますので、従来からのファンはもちろん、この作品から読みはじめていただいても充分に楽しめますので、ぜひこれまで『ドラゴンランス』を読んだことのない方も、これを機会に、ぜひ気軽に『ドラゴンランス 魂の戦争』をご購読下さい。この春、RPGを超える強烈な“剣と魔法”の冒険体験をあなたにお届けします!! なお、『ドラゴンランス 魂の戦争』および同時発売となる富士見書房『ルーンロード』に対して、次のようなファンタジー界の第一人者の方々からの応援のメッセージをいただいております!

●「雄大な世界、激動するストーリー、鮮烈な英雄群像――そして、新しいゲーム感覚まで含んだこの二つの大作ファンタジー『ドラゴンランス』『ルーンロード』は、まさしくロード・オブ・ザ・リングを継承し、それを乗り越える作品だろう。」(翻訳者 安田 均氏)

●「文字から読み取る壮大なファンタジー世界は、大作映画を凌ぐ熱いイマジネーションを提供してくれる。『ドラゴンランス』『ルーンロード』は読んでその期待を裏切ることはないだろう。」(イラストレーター 末弥 純氏)

なお、『ドラゴンランス 魂の戦争』以前の歴史を扱った、

  1. 注釈付き完全版『ドラゴンランス』(全六巻)
  2. 注釈&付録付き完全版『ドラゴンランス伝説』(全六巻)
  3. 『ドラゴンランス セカンドジェネレーション』(全二巻)
  4. 『ドラゴンランス 夏の炎の竜』(全三巻)

も(株)アスキー/(株)エンターブレインより絶賛発売中です!! これらは、順に読み進めていただくのがベストですが、どこから読んでも楽しむことができますので、ぜひそれらもよろしくお願いいたします!

また、世界で累計2000万部を売り、『ドラゴンランス』と双璧をなすファンタジーRPG小説シリーズとして有名な『ダークエルフ物語』(全三巻)、『アイスウィンド・サーガ』(第三巻が4月28日に発売予定)も絶賛発売中です!! こちらも、痛快かつ丹念な戦闘描写に胸を熱くし、主人公である悲劇のダークエルフ“ドリッズト”と彼を取り巻く人々の心の交流に涙する方も多い大傑作です。未読の方は、ぜひ1度お手にとってみてください!

★『ドラゴンランス』シリーズへ寄せられた読者の声

“ドラゴンランスは子供のころに熱中して読みましたが、大人になってからはさらに深く楽しめました。わたしの人生観を変えた、まさにファンタジー小説の最高傑作”(28歳 女性)

“学校の読書の時間で初めて読んで、そのまま家でも読み続けた。やってたゲームより先にクリアした”(11歳 男性)

“祝『魂の戦争』発売! あの最高傑作がついに日本語で読めるんですね!!”(36歳 男性)

“これほどハマった本は過去の人生にない。永久に完結しないでほしいシリーズ!”(19歳 女性)

“読み返すたびに新たな感動がある。いつまでも座右に置いておきたい至高のファンタジーです”(31歳 男性)

“とにかく面白い! 出会えて本当に幸運でした!”(15歳 男性)

“この世界が本当に存在したら…と思うと体が熱くなります。”(29歳 女性)

“私の“心”と“魂”の礎(いしずえ)です。”(30歳 男性)

●販売に関するお問い合わせ先

  • 発行:(株)アスキー/発売:(株)エンターブレイン
  • 公式ホームページ http://www.ascii.co.jp/dragonlance/
  • 販売に関するお問い合わせ:(株)エンターブレイン
    〒102-8431 東京都千代田区三番町6-1 電話0570-060-555(代表)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン