このページの本文へ

価格2万円割れの定格680W大容量電源「Silent PurePower」がThermaltakeから

2005年02月24日 22時58分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Thermaltakeから定格680Wの大容量電源「Silent PurePower」が登場した。6ピンPCI Expressコネクタを2つ装備するなど、最新仕様の製品だ。

「Silent PurePower」
定格680Wの大容量電源「Silent PurePower」。大容量電源としては、価格1万9800円と安め

 鏡面仕上げが施されているという本体は、フロントとリヤにそれぞれ80mm角ファンを1基ずつ装備。どちらも温度可変タイプのもので、ノイズレベルは17dBとされている。またActivePFC回路を搭載し、ケーブルは24ピンメインコネクタ(20ピン変換ケーブル付き)のほか、SLI用の6ピンPCI Expressコネクタも2個装備している。このクラスの大容量電源としては、価格1万9800円と安めとなっているのも大きな特徴だ。販売しているのは高速電脳とツクモパソコン本店IIとなっている。

スペック
スペック的には申し分ないもの。SLI用の6ピンPCI Expressコネクタも2個装備している
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ