このページの本文へ

山洋電気製12cm静音ファンを搭載した九十九電機オリジナルATX電源の販売が始まる

2005年03月09日 23時08分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 九十九電機オリジナルのATX電源「TAO-480MPV12」が登場した。24ピン/20ピン両対応、Serial ATAコネクタ装備など最新の仕様ながら、容量480W(ピーク時570W)の電源としては割安の9980円という価格が特徴だ。

パッケージ 「TAO-480MPV12」
TSUKUMO eX.の黒いビルを彷彿とさせるパッケージを採用。従来のモデルも今後はこの黒いパッケージになるとのこと山洋電気製12cm静音ファンを搭載するのが特徴の「TAO-480MPV12」

 チタンコーティングが施されているという電源本体は山洋電気製12cmファンを装備。回転数900rpm~1400rpm(ノイズレベル18dB)という2ボールベアリングファンで、静音性をウリとしている。コネクタ周りも24ピン/20ピン両対応、6ピンPCI Express、Serial ATAコネクタ4基を搭載するなど、現行のプラットフォームにも対応。TSUKUMO eX.の黒いビルを彷彿とさせるパッケージにも「Intel 915 925シリーズに最適」とうたわれている。本日販売を確認したツクモパソコン本店IIでは価格9980円で販売中だ。

コネクタ ポップ
24ピン/20ピン両対応、6ピンPCI Express、Serial ATAコネクタ4基を搭載容量480W(ピーク時570W)の電源としては割安の9980円で販売中
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ