このページの本文へ

ファンサイズは2種類!サイズ製のケーブル着脱式電源4モデルが一斉に登場

2005年02月16日 23時44分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイズから電源ケーブルが着脱式となっているATX対応の電源「PLUG-IN POWER」が登場した。12/14cmファンを搭載した2種類がラインナップされており、それぞれ電源容量が430Wと530Wのモデルが用意されている。

本体
電源ケーブルが着脱式となっているATX対応の電源「PLUG-IN POWER」。右が12cmファン搭載モデルで、左が14cmファン搭載モデル

 電源本体にはメインケーブル以外に、ストレージなどに電源供給するための電源ケーブルを接続するポートを6つ用意。PCI Express対応のビデオカードに電源を供給するための専用ポートも用意されている。バックパネル側にファンコントロールスイッチを搭載しており、温度により自動で回転数を制御する“A(オート)”、回転数を落として静音動作する“S(サイレント)”、高回転で動作する“T(ターボ)”の3モードを選択可能。各モードの回転数/騒音レベルは、12cmファンを搭載した「PIP12-430A/530A」が“A(オート)”モードで1000rpm~/25dB~、“S(サイレント)”モードで870rpm/24dB、“T(ターボ)”モードで1450rpm/32dB。14cmファンを搭載した「PIP14-430A/530A」が“A(オート)”モードで970rpm~/25dB~、“S(サイレント)”モードで850rpm/24dB、“T(ターボ)”モードで1450rpm/33dBとなっている。また、電源をシャットダウン後、3~5分ファンが動作することによりケース内の余熱を排気する「アフタークーリング機能」も搭載する。サイズは150(W)×163(D)×86(H)mmとなっており、通常のATX電源よりも15mmほど奥行きが長いので注意。各ショップの価格は以下の表の通り。

ポート スイッチ
メインケーブル以外に、ポートは6つ用意されているバックパネル側には、ファンの回転数を3段階でコントロール可能なスイッチが用意されている。スイッチの上のLEDはモードを示す
ケーブル サイズ
HDD/光学ドライブ用の12V4ピンケーブル以外に、Serial ATA用のものやPCI Express対応のビデオカードに電源を供給するための6ピンケーブルが付属するサイズは150(W)×163(D)×86(H)mmとなっており、通常のATX電源よりも15mmほど奥行きがある。右が今回の製品
価格 ショップ名
「PIP12-430A」(12cmファン/430Wモデル)
\8,750 Oneness
\8,800 ぷらっとホーム
\8,980 パソコンハウス東映
高速電脳
ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
「PIP12-530A」(12cmファン/530Wモデル)
\11,950 Oneness
\12,100 ぷらっとホーム
\12,800 高速電脳
ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
「PIP14-430A」(14cmファン/430Wモデル)
\9,750 Oneness
\9,780 ラオックス PC DO・SHOP
\9,980 高速電脳
アーク
ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
「PIP14-530A」(14cmファン/530Wモデル)
\12,750 Oneness
\12,800 高速電脳
\13,280 ラオックス PC・DO SHOP
\13,800 パソコンハウス東映
ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
\13,980 アーク
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ