このページの本文へ

Iwill製SLI対応Dual Xeonマザー展示開始!発売は12月

2004年11月25日 21時24分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SLIに対応するIwill製Dual Xeon マザーボード「DN800-SLI」のサンプルが高速電脳とTSUKUMO eX.に入荷、展示がはじまっている。チップセットは“E7525+Hance Rapids”。

「DH800-SLI」
SLIに対応するIwill製Dual Xeon マザーボード「DH800-SLI」

 製品名が示すように、全体のレイアウトは今年9月に発売された同社製「DN800-N」とほとんど同一。Iwillのウェブサイトでは“2×PCI-Express x16”という記載があり、「DN800-N」のPCI Express x8スロットをPCI Express x16スロットに変更したもののように見えるが、“E7525”がサポートするのはPCI Express x16とPCI Express x8が1本ずつまで(PCI Express x8はPCI Express x4×2とすることも可能)。よってTSUKUMO eX.にマザーボード本体とともに届いたという日本語ポップにもあるように、PCI Express x16サイズのPCI Express x8スロットというのが正しいようだ。

PCI Express x16スロットを2本 ポップ
PCI Express x16スロットを2本搭載するように見えるが…TSUKUMO eX.のポップによると、PCI Express x16サイズのPCI Express x8スロットとのこと
ピンヘッダ ポップ2
PCI Expressスロット間には“nForce4 SLI”のような切り替え用スロットはなく、代わりにこのピンヘッダが。用途は現在不明ウェブサイトの記述に従っている高速電脳のポップ

 拡張スロットの構成は「DN800-N」と同じく、PCI Express x16×1、PCI Express x8×1、32bit/33MHz PCI×3。DIMMスロットは4本でレジスタードタイプのDDRII400 SDRAMに対応し、最大メモリ容量は8GB。ギガビットイーサネットとIEEE1394がオンボードで、S/PDIF出力端子も搭載。またチップセットによる2ポートのSerial ATAインターフェイスのほか、「DN800-N」では省かれていたSilicon Image製“Sil3114”チップによる4ポートのSerial ATAインターフェイスを備える。TSUKUMO eX.によると、販売開始は12月中旬予定とのことで、価格は5万5000円程度になりそう、とのこと。なおIwillのウェブサイトには、同じくSLIに対応するDual Opteronマザー「DK8ES」も掲載されている。

“Sil3114” バックパネル部
「DN800-N」にはなかったSilicon Image製チップによる4ポートのSerial ATAインターフェイスを搭載バックパネル部にはS/PDIF端子が
※当初、「SLI用ブラケットも同梱される予定」と紹介しましたが、アイウィルジャパンによると、「同梱されるかどうかはまだ決定していない」とのことです。
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ