このページの本文へ

クリエイティブメディア、7.1チャンネル出力対応のLow Profile PCIサウンドカード『Sound Blaster Live! 24bit』を発売

2004年07月14日 17時07分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クリエイティブメディア(株)は14日、24bit/96kHzに対応し、7.1チャンネルアナログ出力が可能なPCIバス用サウンドカード『Sound Blaster Live! 24bit』(SBL24)を7月下旬に発売すると発表した。価格は4704円。直販サイト“クリエイティブオンライン”では3980円で販売する。

『Sound Blaster Live! 24bit』
『Sound Blaster Live! 24bit』

『Sound Blaster Live!(サウンド ブラスター ライブ) 24bit』は、最大24bit/96kHzに対応し、7.1チャンネルアナログ再生が行なえるサウンドカード。周波数特性は10~40kHzで、S/N比は100dB。オーディオAPIはEAX 1.0/2.0、DirectSound/DirectSound 3D、EAX ADVANCED HDに対応しており、付属のアプリケーションを利用すれば、ステレオ音声を最大7.1チャンネルに拡張して出力する“Creative Multi-Speaker Surround 3D(CMSS 3D)”や、タイムスケーリング、グラフィックイコライザー、カラオケなどの機能を利用できる。

インターフェースは、アナログ出力がライン出力1(フロント)、ライン出力2(リア、右サラウンド)、ライン出力3(センター、サブウーファー、左サラウンド)を装備し、デジタル出力が2チャンネル同軸S/PDIF(ミニジャック)を装備する。対応OSはWindows Me/2000 Professional(SP3以降)/XP SP1以上。PCIバス(2.1以上)を搭載し、Pentium III-450MHz以上のCPUを搭載したパソコンが必要。アプリケーションとして、音楽CDからMP3/WMAファイルを作成可能な録音ソフト『Creative MediaSource』と、オーディオデータ変換ソフト『Creative Audio Converter』、WAVE形式のファイルの編集が可能な簡易エディター『Creative WaveStudio』が同梱されるほか、Low Profile PCI用ブラケットが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン