このページの本文へ

デル、IT人材育成/教育サービス“デル・プロフェッショナル・ラーニング・サービス”を開始

2004年07月01日 02時05分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デル(株)は6月30日、ITシステムの導入/運用/管理を行なう人材を育成するための人材育成/教育サービス“デル・プロフェッショナル・ラーニング・サービス”を開始することを明らかにした。

これは同社製のサーバーやストレージ製品を基盤とした基幹システムを構築するユーザーの増加に伴い、ITシステムの構築から運用/保守までのシステムライフサイクルを効率良く管理できる人材が必要とされることから、ITシステムの管理者を対象として提供する教育サービス。同サービスを利用することで、企業のITシステムのTCO(Total Cost of Ownership:システム保有にかかる総コスト)の削減や費用対効果の向上を図ることができるとしている。

“デル・プロフェッショナル・ラーニング・サービス”は、同社の技術コンサルティング部門“デル・プロフェッショナル・サービス事業部(DPS)”が提供する“プロフェッショナル・サービス”のメニューとして提供する。同社ではメニューの例として、“デル製サーバ ハードウェア保守・管理コース”、“Linuxシステム管理者育成コース”、“Linuxネットワークサーバ管理者育成コース”、“Windowsサーバシステム管理者育成コース”、“Windowsネットワーク管理者育成コース”、“企業向けネットワーク管理者育成コース”、“Dell|EMCストレージ管理者育成コース”、“Oracleデータベース管理者・開発者育成コース”、“eラーニングによる人材育成ソリューション”などを挙げている。

なお、トレーニングについては、同社のコンサルタントやエンジニア、インストラクターだけでなく、ハードウェアやソフトウェアの各分野の企業と協力して実施するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン