このページの本文へ

リテールもFSB 266MHzへ! Athlon-1.2GHzのボックス品が登場

2001年03月15日 20時25分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
FSB 266MHz Athlon-1.2GHzリテール版

 2月19日にFSB 266MHz対応Athlon-1.2GHzのバルク品が登場してから遅れること3週間で、早くもリテールボックス品が一部のショップに入荷した。リテールボックス品としては初のFSB 266MHz対応CPUであり、また最高クロックのCPUでもある。バルク版からそれほど遅れず、一般ユーザー向けのリテール版FSB 266MHz対応Athlonが登場したということを考えると、AMDはAthlonのFSB 266MHz化を一気に押し進めるつもりなのかもしれない。



“With 266MHZ Front Side Bus”

 今回登場したFSB 266MHz品だが、パッケージ外観上は従来のFSB 200MHz対応Athlon-1.2GHzと違いはほとんどない。正面に貼られた星型の赤いシールがFSB 266MHzであると控えめに主張しているだけ。パッケージのサイズも従来品とまったく同じとなっている。なお、パッケージの中身を見ることはできなかったため、CPUクーラーが従来のリテール品に同梱していたものと同じなのか、はたまた別のものに差し替えられているのかは不明である。



900MHzとの比較
900MHzのリテール品と比較してみた。シールの分だけクロックを表記する部分の帯が短くなっているが、イラストその他、基本的には何も変わっていない

 入荷している高速電脳とPCiN秋葉原では3万800円、OVERTOPでは3万2800円と、バルク版とそれほど変わらない価格となっている。ただし、週末には在庫が回復するとするショップも少なくないとは言え、相変わらずリテールボックス品の品薄傾向は続いており、今回のFSB 266MHz対応1.2GHzもしばらくは入手しづらい状態が続くだろう。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ