このページの本文へ

初のデュアルAthlonマザー「Thunder K7」の予約開始! 予価は11万8000円!!

2001年03月14日 21時16分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ハイエンド系のパーツショップとして知られるUSER'S SIDE本店で、Tyan製のデュアルAthlon対応マザーボード「Thunder K7」(型番:S2462)が予約開始となった。AMD初のデュアルCPU対応チップセット“AMD760MP”を搭載するということで、一部で注目されていたマザーボードだ。

 さて、現段階でThunder K7について分かっている点を紹介しよう。主な仕様は以下のとおりだ。

CPUAthlon×2(FSB200/266MHz)
メモリPC2100/1600 DDR SDRAM
DIMMスロット×4(最大4GB)
AGPAGP Pro×1
PCI×5(64bit/33MHz)
オンボードチップAdaptec“AIC-7899W”(Ultra 160 SCSI、デュアルチャンネル)
3Com“3C920”(10/100base-TX)×2
ATI RAGE-XL

 構成は“ServerSetIII”チップセットシリーズを搭載するマザーボードと同様。SCSIやネットワークのコントローラをオンボードで搭載するハイエンドマザーボードという位置づけが正しいだろう。

 なお、判明している情報によると“Supports up to 4GB of PC1600/2100 Registered DDR RAM”とのことで、Registered DDR SDRAMを使用する必要があるとも判断できるなどナゾも多い。現在出回っているDDR SDRAMがそのまま使えるかどうかも現時点では不明だ。
 使用できるCPUについても、“Athlon”だとしか分かっておらず、Duronで動作するのかどうか不明となっている。もっとも、ハイエンドマザーボードにDuronを搭載する必要があるのかは疑問が残るところだが。

 予約を開始したUSER'S SIDE本店によると、5月中旬入荷予定で予価は11万8000円となっている。「11万8000円というのは、このまま円安傾向が続いた場合の予価。円相場次第で価格は変動する」(同店)としているが、しかし10万円を割ることは恐らくないだろう。なかなか敷居の高そうなマザーボードではあるが、同店ではすでにいくつか予約注文が入っているという。コンシューマ向けマザーボードと比較できる価格ではないものの、PentiumIIIやPentiumIII XeonのデュアルCPUユーザーにとっては、魅力的な選択肢と言えるかもしれない。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ