このページの本文へ

ソースネクスト、PCカード型HDDやバックアップツールを発売

2001年01月23日 19時50分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソースネクスト(株)は22日、PCカード型HDD『速DISK2GB』を17日に発売したと発表した。併せて、USB対応のPCカードアダプター『USB PCカードアダプタ』を29日に、バックアップツール『携速(けいそく)7』、『携速7アップグレード版』を2月23日に発売すると発表した。

『速DISK2GB』のパッケージ
『速DISK2GB』のパッケージ
『速DISK2GB』『速DISK2GB』

『速DISK2GB』は、PCカード(Type II)型の2GBのHDD。開発元は(株)東芝。PCカードスロットに挿入するだけでドライバーなどのインストールなしに2GBのHDDとして使用できる。フォーマット形式はWindows。専用ケースが付属する。ディスク回転数は毎分4200回転。平均シーク時間は1.5m秒。バッファーサイズは256KB。対応機種はWindows 95/98/Me/2000を搭載したIBM PC/AT互換機とPC98-NXシリーズ。またはMac OS 8.5以降を搭載したMacintosh。本体サイズは幅54×奥行き86×高さ5mm。価格は4万9800円。

『USB PCカードアダプタ』
『USB PCカードアダプタ』

『USB PCカードアダプタ』は、『速DISK2GB』のオプション製品で、USB対応の専用PCスロットカード(HDD)リーダー/ライター。転送速度は最大1.5MB/秒。対応機種はWindows 98/Me/NT4.0/2000を搭載したIBM PC/AT互換機とPC98-NXシリーズ。またはMac OS 8.5以降を搭載したMacintosh。本体サイズは幅84×奥行き124×高さ22.5mm(ケーブル長は1200mm)で、重さは125.5g。価格は5980円。
両製品ともに、同社の直販サイトのみの販売となる。

『携速7』
『携速7』

『携速7』は、CDやDVDソフトをまるごとHDDに収納するツール。開発元は米Acceleration Software International社。2000年11月に発売した『携速Me』バージョンアップ版。今回のバージョンアップではWMAファイルへの対応と、次期WindowsのWhistler 日本語版への対応を行なった。対応機種はWindows 95/98/Me/2000を搭載したIBM PC/AT互換機とPC98-NXシリーズ。価格は1万1800円。『携速7アップグレード版』は、旧製品の『携速95』、『携速95+CDエディタ』、『携速98/2000/Me』、『速パック』、『速パック2000/Me』、および各タイトルのアップグレード版または優待版のユーザーが購入できる。対応機種は『携速7』と同じ。価格は6800円。

なお、同社では2月1日に“ソースネクスト返品フリー制度”を開始する。これは、購入した製品が、万一正常に動作しない際、購入から30日以内であれば返品できる制度。その際、レシートの添付が必要で、箱、CD-ROM、マニュアル全て返送しなければならない。また、同社では2月6日から3月31日までの期間“春のアカデミックキャンペーン”を実施する。これは期間内に同社製品のアカデミックパックを購入した学生または学校関係者であるユーザーを対象に抽選で海外旅行やデジタルカメラなどをプレゼントするキャンペーン。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン