このページの本文へ

NTT-ME、簡易ファイアーウォール搭載のアクセスルーターを発売

2000年10月26日 16時39分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ エムイー(NTT-ME)は25日、簡易ファイアーウォール機能を搭載したブロードバンドアクセスルーター『BA 512』の販売を、11月10日に開始すると発表した。価格は2万4800円。なお、同社の“WAKWAK ADSL接続サービス”の加入者には、特別価格の1万7800円で販売する。

『BA 512』

同製品は、ADSL、CATV回線などを用いたインターネット常時接続環境において、複数台のパソコンを安全にインターネットへ接続させるためのルーター。WAN側のADSL/CATVモデムと10BASE-Tで、LAN側のHubと100BASE-TX/10BASE-Tで接続。ルーター機能のほかに、プライベートアドレスをパソコンへ自動設定するDHCPサーバー機能、グローバルIPアドレスをプライベートアドレスに変換するNAT/IPマスカレード機能などを搭載する。また、簡易ファイアーウォール機能であるIPフィルタリング機能により、不正なパケットのLANへの流入を遮断する。

そのほか、WWW/メール/FTPサーバーなどをLAN上のパソコンに設置し、インターネットへ公開するローカルサーバー機能を搭載。さらに、管理/設定は、WWWブラウザーのほか、telnetでも行なえるという。本体サイズは幅189×奥行き115×高さ35mm。本体重量は240g。製造元は、プラネックスコミュニケーションズ(株)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン