このページの本文へ

メトロワークス、統合開発環境ソフトの最新版を発売

2000年09月20日 21時36分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

メトロワークス(株)は19日、統合開発環境ソフトウェア『CodeWarrior for Mac OS 日本語版バージョン6』(以下『Pro 6 Mac』)、『同 for Windows 日本語版バージョン6』(以下『Pro 6 Win』)、および両製品を同梱した『同 for Mac OS & Windowsアカデミック版バージョン6』(以下『Pro 6 アカデミック』)を10月6日に発売すると発表した。価格は『Pro 6 Mac』『Pro 6 Win』が各7万2000円、『Pro 6 アカデミック』が2万8000円。

Windows版のデバッグ画面

『CodeWarrior』は、マルチプラットフォーム、マルチ言語対応の統合開発環境。エディターやコンパイラー、デバッガーなどのアプリケーションの開発に必要なツールを統合したもの。また、今回は統合開発環境プラグインの開発用にAPIを公開することでサードパーティーのツールを統合することもできるという。

Mac OS版パッケージ

『Pro 6 Mac』は、必要なツールをMac OSのAPIのCarbon化にすることで、Mac OS XとClassic Mac OSの両方で動作するアプリケーションの開発を可能にした。Mac OS XのユーザーインターフェースのAquaのルック&フィールを採用した。開発可能なアプリケーションは、Mac OS X、Classic Mac OS、Win32。対応OSは、Mac OS 8.6/9.x/X。

Windows版パッケージ

『Pro 6 Win』は、コアファウンデーションに対応するほか、非検索対象フォルダを指定するパネルなどの機能を搭載する。開発可能なアプリケーションは、Win32、Classic Mac OS。対応OSは、Windows 98/2000/NT4.0。

また、同社ではそれぞれの製品に対して30日間の無償テクニカルサポートを提供するほか、『Pro 6 Mac』または『Pro 6 Win』の一方を購入すると、2万4000円でもう一方を購入できるプラスキットの発売を同社のCodeWarriorセンターで行なうと発表した。

アカデミック版パッケージ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン