このページの本文へ

日本ベリサイン、パートナープログラムを拡充

2000年09月06日 18時41分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ベリサイン(株)は4日、国内のB2BおよびB2C電子商取引市場の拡大に対応して、ウェブサイト向けトラストサービスを推進する“セキュアサイト・パートナー・プログラム”を強化すると発表した。

これにより、ISP/ウェブホスティング/システムインテグレーターなどのパートナー企業は、先行投資の必要なく、自社のインターネットサービスにテンプレート化されたベリサインのトラストサービスを組み込み、ウェブサーバー用デジタル証明書である“セキュアサーバID”と“グローバル・サーバID”の販売代理を行なえる。さらに“ベリサイン・セキュアサイト・パートナー・センター”から提供される販促ツールや技術情報などを利用して、エンドユーザーのセキュアーなECサイト構築を支援できる。

同プログラムには、すでに30社以上のインターネット関連企業が参加しており、今回の内容拡充により、年内に100社以上の参加を目標としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン