このページの本文へ

アイ・オー・データ機器、IC記録メディア“メモリースティック”を発売

1999年11月19日 00時00分更新

文● 編集部 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アイ・オー・データ機器は、IC記録メディア“メモリースティック”の16MB版である『PCMS-16M』を発表した。

同製品は、メモリースティック規格に完全準拠した横21.5×奥行き50×高さ2.8mmの薄型IC記録メディア。画像や音声などを記録、再生することができる。また、誤消去防止スイッチ機能を採用し、誤って消去してしまわないようになっている。
対応機種は、SONY『ハンティーカム』や『サイバーショット』などのメモリースティックスロットを用意している機種。
価格は7700円で、出荷は12月上旬から。

また、メモリースティック用PCカードアダプター『PCMS-ADP』も同時に発売する。これを使用することで、PCカード(Type II)スロットがあるパソコンでメモリースティックを利用できる。価格は8800円。出荷開始は12月上旬。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン