このページの本文へ

学研、1万5000種を収録した保健薬データCD-ROM『SuperQD(99年度版)』を発売

1999年05月26日 00時00分更新

文● 編集部 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)学習研究社(学研)は6月11日、保健薬データ集CD-ROM『SuperQD(99年度版)』を発売する。ターゲットは一般家庭をはじめ、医者・薬剤師といった業務での利用など。データとして収録されている薬には、'99年4月末日現在で市場に出回っている保健薬や、保険がきかないが病院で手に入るバイアグラなど最新の薬品を約1万1500種。

薬品に記されている製品名、記号、会社マークや識別コードによる検索が可能で、薬効分類、製造会社、用法、効能、副作用といった内容が画像データとともに表示される(画像は代表的な薬3800種類のみ収録)。

またユーザーがデータを書き込んで利用することも可能で、氏名や病院名、日付や服用履歴などの保存が可能。対応OSはWindows 95/98、価格は8000円。なお、前年度版からのアップグレードサービスも用意されている。

検索実行後の画面例
検索実行後の画面例



'97年以来、同シリーズは年度版として定期的に発売され、Windows版CD-ROMとしては今回が3作目となる。同ソフトは、98年度版で8000本の売り上げがあったという。また現在、デジタルガレージ(株)が運営する検索サイト“infoseek JAPAN”の“ヘルス&ビューティー チャンネル”で、同様の検索サービスを行なっている(履歴の記録機能はなし、無料)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン