このページの本文へ

スクウェアの社外取締役に大前研一氏と成毛真氏が就任、新社長には鈴木尚氏

2000年04月05日 00時00分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)スクウェアは4月4日、5月1日付けの役員異動を発表した。代表取締役副社長の鈴木尚氏が新社長に昇格し、現社長の武市智行氏は会長に就任する。鈴木尚氏は'86年9月の同社設立に伴い取締役に就任、その後'93年4月からは副社長を務めていた。現在は同社副社長であるとともに、(株)デジキューブ代表取締役会長兼CEOも務めている。

また、新任の社外取締役として、(株)大前・アンド・アソシエーツ代表取締役の大前研一氏とマイクロソフト(株)代表取締役社長の成毛真氏が就任することが内定した。6月18日に開催する定時株主総会で社外取締役就任に関する付議が行なわれた後、両氏は社外取締役に正式に就任する予定。

同社は今回の役員異動について、今後デジタルコンテンツメーカーから総合ネットワークカンパニーへと展開するため、経営体制を強化するのが狙いだとしている。大前氏と成毛氏を社外取締役として招いたことについては、国内外での人的ネットワーク力を持つこと、IT技術に関する造詣の深いことが理由だとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン