このページの本文へ

シャープ、液晶表示専用フォントのバリエーションを追加

1999年12月13日 00時00分更新

文● 編集部 山本誠志

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープ(株)は9日、液晶画面表示に特化したフォント“LCフォント”のバリエーションを増やし、長体(縦長の字体)などを6種類の字体を追加したと発表した。

LCフォントは、漢字の“へん”や“つくり”の重心を改良することで、横書き表示時に読みやすくした。また、小さな文字でも、液晶画面上でツブれずに表示されるように工夫したという。従来、16×16ドット字体のみだったLCフォントに、今回8×8ドットと10×10ドット、12×12ドット、24×24ドットの字体が追加されたほか、縦長の12×8ドット字体と16×12ドット字体が追加された。

縦長の字体を追加したことで、携帯電話やPDAなど、比較的小さな液晶画面上に表示できる文字数を増やし、データの一覧性を向上できるとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン